国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018212353) 発熱組成物用鉄粉及びその製造方法、並びに該鉄粉を用いた発熱組成物及び発熱体の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/212353    International Application No.:    PCT/JP2018/019410
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat May 19 01:59:59 CEST 2018
IPC: B22F 1/00
A61F 7/03
B22F 9/20
C09K 5/18
Applicants: KAO CORPORATION
花王株式会社
Inventors: HONMA, Taichi
本間 太一
SUZUKI, Ryohei
鈴木 亮平
MAEZAWA, Takahiro
前澤 貴浩
TABATA, Tetsuya
田端 哲也
Title: 発熱組成物用鉄粉及びその製造方法、並びに該鉄粉を用いた発熱組成物及び発熱体の製造方法
Abstract:
本発明の発熱組成物用鉄粉は、かさ密度が0.3g/cm3以上1.5g/cm3以下である。また、本発明の発熱組成物は、前記鉄粉、炭素材料、ハロゲン化物の塩及び水を含有する。また、本発明の発熱体の製造方法は、前記鉄粉、炭素材料及び水を含有し、且つ流動性を有する発熱組成物を基材シート上に塗布して塗布体を形成し、該塗布体から水を除去して、該塗布体の水分量を調整する。また本発明は、前記鉄粉(発熱組成物用鉄粉)の製造方法であり、酸化鉄を還元して還元鉄を得る還元工程と、該還元鉄を粉砕する工程とを有する。前記還元工程は、内部が硫黄ガスを含まない、大気又は不活性ガス雰囲気とされた加熱炉の該内部に、酸化鉄と、揮発成分含有量が10質量%以上である固体還元剤とを導入し、該内部の雰囲気温度が900℃以上1000℃以下となる条件で熱処理して該内部を還元性ガス雰囲気にすることで、該酸化鉄を還元する。