国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018212254) 補償光学装置、光学システム及び光波面補償方法

Pub. No.:    WO/2018/212254    International Application No.:    PCT/JP2018/018992
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu May 17 01:59:59 CEST 2018
IPC: G02B 26/06
G01S 7/481
G02B 17/00
H04B 10/071
H04B 10/118
Applicants: KAWASAKI JUKOGYO KABUSHIKI KAISHA
川崎重工業株式会社
Inventors: HAYAKAWA, Akiyoshi
早川 明良
NAGAOKA, Ryuji
長岡 隆二
NAGAI, Toru
永井 亨
WANI, Fumio
和仁 郁雄
NISHIMURA, Tokunari
西村 徳成
Title: 補償光学装置、光学システム及び光波面補償方法
Abstract:
大気伝搬した光を反射する反射面(21)と駆動部(22)を含む第1形状可変鏡(4)と、反射面(26)と駆動部(27)を含む第2形状可変鏡(5)と、光路分岐部(13)と、第1形状可変鏡と対応する反射面(51)及び駆動部(52)を含む第1副形状可変鏡(14)と、第2形状可変鏡と対応する反射面(56)及び駆動部(57)を含む第2副形状可変鏡(15)と、第1検出部(8)と、第2検出部(9)と、制御部を備える補償光学装置であって、制御部は、第1副形状可変鏡の駆動部を制御して第1副形状可変鏡の反射面の凹凸形状を変化させたときの第1検出部の検出値に基づき、第1形状可変鏡の駆動部を制御して第1形状可変鏡の反射面の凹凸形状を更新する第1最適化動作を実行する第1補償光学制御部(31)と、第2副形状可変鏡の駆動部を制御して第2副形状可変鏡の反射面の凹凸形状を変化させたときの第2検出部の検出値に基づき、第2形状可変鏡の駆動部を制御して第2形状可変鏡の反射面の凹凸形状を更新する第2最適化動作を実行する第2補償光学制御部(32)とを含む。