国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018212227) フィルム製造用ドープ、及びフィルムの製造方法

Pub. No.:    WO/2018/212227    International Application No.:    PCT/JP2018/018895
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu May 17 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08L 33/04
C08F 265/06
C08J 5/18
C08K 5/00
C08L 51/00
G02B 5/30
Applicants: KANEKA CORPORATION
株式会社カネカ
Inventors: KITAYAMA, Fuminobu
北山 史延
KATAOKA, Naoto
片岡 直人
YAMATANI, Toru
山谷 徹
YAMAGUCHI, Katsumi
山口 克己
Title: フィルム製造用ドープ、及びフィルムの製造方法
Abstract:
アクリル系樹脂とコアシェル型グラフト共重合体を含有するフィルムを溶液流延法により作製する際に使用するドープであって、粒径が大きなコア層を有するコアシェル型グラフト共重合体を使用しているにも関わらず、濁りの発生が少ないドープを提供する。熱可塑性アクリル系樹脂、グラフト共重合体、及び、溶剤、を含む、溶液流延法によるフィルム製造用ドープであって、前記グラフト共重合体は、コア層とシェル層を有し、前記コア層の平均粒子径が125~400nmであり、前記グラフト共重合体は、メチルエチルケトンによる膨潤度が3.5以上であり、前記溶剤は、ハンセン溶解度パラメーターにおける水素結合項δHが6.0以上8.0以下である。