このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018212206) イソシアネートの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/212206 国際出願番号: PCT/JP2018/018822
国際公開日: 22.11.2018 国際出願日: 15.05.2018
IPC:
C07C 263/04 (2006.01) ,C07C 265/04 (2006.01) ,C07C 269/04 (2006.01) ,C07C 271/54 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
263
イソシアン酸誘導体の製造
04
カルバマートまたはカルバモイルハライドからのもの,またはそれらを経由するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
265
イソシアン酸誘導体
02
イソシアナート基が非環式炭素原子に結合しているもの
04
飽和炭素骨格の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
269
カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
04
カルバマート基の形成を伴うアミンからのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
40
カルバマート基の酸素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
42
カルバマート基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
54
カルボキシル基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
出願人:
旭化成株式会社 ASAHI KASEI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 1-1-2 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo 1000006, JP
発明者:
三宅 信寿 MIYAKE Nobuhisa; JP
小杉 裕士 KOSUGI Yuji; JP
櫻井 雄介 SAKURAI Yusuke; JP
篠畑 雅亮 SHINOHATA Masaaki; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
飯田 雅人 IIDA Masato; JP
田▲崎▼ 聡 TAZAKI Akira; JP
宮本 龍 MIYAMOTO Ryu; JP
優先権情報:
2017-09677715.05.2017JP
発明の名称: (EN) ISOCYANATE PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D’ISOCYANATE
(JA) イソシアネートの製造方法
要約:
(EN) This isocyanate production method is characterized by having: a carbamation step for reacting a carbonic acid ester, an inorganic acid salt of an amino acid derivative, and a basic compound with one another, and obtaining a reaction mixture which contains a carbamic acid ester derived from the carbonic acid ester, a hydroxy compound derived from the carbonic acid ester, and the carbonic acid ester; and a thermal decomposition step for obtaining an isocyanate by subjecting the carbamic acid ester to a thermal decomposition reaction.
(FR) Le procédé de fabrication d’isocyanate de l’invention est caractéristique en ce qu’il présente : une étape de transformation en carbamate au cours de laquelle un ester d’acide carbonique, un sel d’acide inorganique de dérivé d’acide aminé et un composé basique sont mis en réaction, et un mélange de réaction comprenant un ester d’acide carbamique dérivé de l’ester d’acide carbonique, un composé hydroxy dérivé de l’ester d’acide carbonique et l’ester d’acide carbonique, est obtenu ; et une étape de pyrolyse au cours de laquelle un polyisocyanate est obtenu en soumettant ledit ester d’acide carbamique à une réaction de pyrolyse.
(JA) イソシアネートの製造方法は、炭酸エステルと、アミノ酸誘導体の無機酸塩と、塩基性化合物とを反応させ、炭酸エステルに由来するカルバミン酸エステルと、炭酸エステルに由来するヒドロキシ化合物と、炭酸エステルと、を含有する反応混合物を得るカルバメート化工程と、前記カルバミン酸エステルを熱分解反応に付すことによってイソシアネートを得る熱分解工程と、を有することを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)