国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018212062) ポリオルガノシロキサン含有ゴムラテックス及びその製造方法、ポリオルガノシロキサン含有ゴムグラフト重合体、粉体、樹脂組成物並びに成形体

Pub. No.:    WO/2018/212062    International Application No.:    PCT/JP2018/018101
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri May 11 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08L 83/04
C08F 283/12
C08G 77/08
C08J 3/12
C08J 3/16
Applicants: MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION
三菱ケミカル株式会社
Inventors: SHIMONAKA Ayako
下中 綾子
NIINO Hiroshi
新納 洋
MATSUOKA Shinji
松岡 新治
FUJIKAWA Yuichiro
藤川 祐一郎
Title: ポリオルガノシロキサン含有ゴムラテックス及びその製造方法、ポリオルガノシロキサン含有ゴムグラフト重合体、粉体、樹脂組成物並びに成形体
Abstract:
本発明の課題は、ポリカーボネート等の樹脂組成物を高温成形して得られる成形体に耐衝撃性を付与し、さらに熱安定性(湿熱試験後の機械特性保持、変色、難燃性)に優れる耐衝撃改質剤およびこれを含む熱可塑性樹脂組成物を提供することにある。固形分100g中に含まれる硫酸イオンおよびスルホン酸イオンの合計量が2.4mmol以下であるポリオルガノシロキサン含有ゴムラテックス、とその粉体、並びにその粉体と樹脂を含む樹脂組成物。ならびにその成形体とその製造方法にある。