このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018211996) 石油燃焼灰の処理方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/211996 国際出願番号: PCT/JP2018/017516
国際公開日: 22.11.2018 国際出願日: 02.05.2018
IPC:
B09B 5/00 (2006.01) ,B03C 1/00 (2006.01) ,B09B 3/00 (2006.01) ,C02F 1/20 (2006.01) ,C02F 1/62 (2006.01) ,C02F 1/70 (2006.01) ,C02F 9/02 (2006.01) ,C02F 9/04 (2006.01) ,C02F 11/00 (2006.01) ,C02F 11/06 (2006.01) ,C02F 11/12 (2006.01) ,C22B 3/04 (2006.01) ,C22B 3/44 (2006.01) ,C22B 7/02 (2006.01) ,C22B 23/00 (2006.01) ,C22B 34/22 (2006.01)
B 処理操作;運輸
09
固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生
B
固体廃棄物の処理
5
他の単一サブクラスまたはこのサブクラス内の他の単一グループに包含されない操作
B 処理操作;運輸
03
液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離;固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離
C
固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離;高圧電界による分離
1
磁気分離
B 処理操作;運輸
09
固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生
B
固体廃棄物の処理
3
固体廃棄物の破壊あるいは固体廃棄物の有用物化もしくは無害化
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
20
脱気によるもの,すなわち溶存ガスの放出
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
58
特定溶存化合物の除去
62
重金属化合物
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
70
還元によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
9
水,廃水または下水の多段階処理
02
分離のステップを含むもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
9
水,廃水または下水の多段階処理
04
少なくとも一つのステップが化学的処理であるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
11
汚泥の処理;そのための装置
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
11
汚泥の処理;そのための装置
06
酸化によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
11
汚泥の処理;そのための装置
12
脱水,乾燥または濃縮によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
3
湿式による鉱石または濃縮物からの金属化合物の抽出
04
浸出によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
3
湿式による鉱石または濃縮物からの金属化合物の抽出
20
溶液,例.浸出によって得られたもの,の処理または浄化
44
化学的方法によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
7
鉱石以外の他の原材料,例.スクラップ,からの非鉄金属またはその化合物抽出のための処理
02
煙じんの処理
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
23
ニッケルまたはコバルトの採取
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
34
耐火金属の採取
20
ニオブ,タンタルまたはバナジウムの採取
22
バナジウムの採取
出願人:
株式会社物質資源化研究所 MATERIALS & RESOURCES LABORATORY CO., LTD. [JP/JP]; 茨城県鉾田市二重作1518 1518, Futaesaku, Hokota-shi, Ibaraki 3112105, JP
LEシステム株式会社 LE SYSTEM CO., LTD. [JP/JP]; 福岡県久留米市東合川2-3-39 2-3-39, Higashiaikawa, Kurume-shi, Fukuoka 8390809, JP
発明者:
小堀 武夫 KOBORI Takeo; JP
佐久間 章 SAKUMA Akira; JP
代理人:
木村 満 KIMURA Mitsuru; JP
優先権情報:
2017-09950419.05.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PROCESSING OIL COMBUSTION ASH
(FR) PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DE CENDRES DE COMBUSTION D'HUILE
(JA) 石油燃焼灰の処理方法
要約:
(EN) This method for processing oil combustion ash includes: a slurry production step (S10) for adding water to oil combustion ash containing vanadium and nickel to produce a combustion ash slurry; a magnetic separation step (S20) for magnetically sorting the combustion ash slurry to thereby separate the combustion ash slurry into magnetic material containing vanadium and/or nickel and a magnetic-material-separated slurry; a solid-liquid separation step (S30) for separating the magnetic-material-separated slurry into an aqueous solution and solid content; and a vanadium-nickel separation step (S40) for separating vanadium and/or nickel from the aqueous solution.
(FR) L'invention concerne un procédé destiné à traiter des cendres de combustion d'huile, comprenant : une étape de production de suspension (S10), destinée à ajouter de l'eau à des cendres de combustion d'huile contenant du vanadium et du nickel en vue de produire une suspension de cendres de combustion; une étape de séparation magnétique (S20), destinée à trier magnétiquement la suspension de cendres de combustion en vue de séparer ainsi la suspension de cendres de combustion en un matériau magnétique contenant du vanadium et/ou du nickel et une suspension séparée de matériau magnétique; une étape de séparation solide-liquide (S30), destinée à séparer la suspension séparée de matériau magnétique en une solution aqueuse et un contenu solide; et une étape de séparation de vanadium-nickel (S40), destinée à séparer le vanadium et/ou le nickel de la solution aqueuse.
(JA) 石油燃焼灰の処理方法は、バナジウムとニッケルとを含む石油燃焼灰に水を添加して燃焼灰スラリーを生成するスラリー生成工程(S10)と、燃焼灰スラリーを磁気選別することにより、燃焼灰スラリーをバナジウムとニッケルの少なくとも一方を含む磁性物と磁性物分離スラリーとに分離する磁気分離工程(S20)と、磁性物分離スラリーを水溶液と固形分とに分離する固液分離工程(S30)と、水溶液から、バナジウムとニッケルの少なくとも一方を分離するバナジウム-ニッケル分離工程(S40)と、を含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)