このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018211953) フッ素化カーボネート誘導体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/211953 国際出願番号: PCT/JP2018/017349
国際公開日: 22.11.2018 国際出願日: 27.04.2018
IPC:
C07C 68/00 (2006.01) ,C07C 69/96 (2006.01) ,C07C 273/00 (2006.01) ,C07C 275/32 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
68
炭酸またはハロぎ酸のエステルの製造
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
96
炭酸またはハロぎ酸のエステル
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
273
尿素またはその誘導体,すなわち,以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロもしくはニトロソ基の一部ではない)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
275
尿素の誘導体,すなわち以下の基いずれかを含有する化合物「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロもしくニトロソ基の一部ではない)。
28
尿素基の窒素原子が炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
32
炭素骨格がさらに単結合の酸素原子で置換されたもの
出願人:
国立大学法人神戸大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOBE UNIVERSITY [JP/JP]; 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1 1-1, Rokkodai-cho, Nada-ku, Kobe-shi, Hyogo 6578501, JP
AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者:
津田 明彦 TSUDA, Akihiko; JP
代理人:
植木 久一 UEKI, Kyuichi; JP
植木 久彦 UEKI, Hisahiko; JP
菅河 忠志 SUGAWA, Tadashi; JP
伊藤 浩彰 ITO, Hiroaki; JP
優先権情報:
2017-09768216.05.2017JP
発明の名称: (EN) FLUORINATED CARBONATE DERIVATIVE PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE DÉRIVÉ DE CARBONATE FLUORÉ
(JA) フッ素化カーボネート誘導体の製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method for safely and efficiently producing a fluorinated carbonate derivative. This fluorinated carbonate derivative production method is characterized by emitting light in the presence of oxygen to a composition containing a C1-4 halogenated hydrocarbon having one or more halogen atoms selected from the group consisting of a chlorine atom, a bromine atom, and an iodine atom, a nucleophilic functional group-containing fluorinated compound, and a base.
(FR) L’invention a pour objet de fournir un procédé de fabrication sûr et efficace de dérivé de carbonate fluoré. Le procédé de fabrication de dérivé de carbonate fluoré de l’invention est caractéristique en ce qu’une irradiation lumineuse est effectuée en présence d’un oxygène sur une composition contenant un hydrocarbure halogéné C1-4 ayant au moins une sorte d’atome d’halogène choisie dans un groupe constitué d’un atome de chlore, d'un atome de brome et d’un atome d’iode, un composé fluoré possédant un groupe fonctionnel nucléophile, et une base.
(JA) 本発明は、安全かつ効率的なフッ素化カーボネート誘導体の製造方法を提供することを目的とする。本発明のフッ素化カーボネート誘導体の製造方法は、塩素原子、臭素原子およびヨウ素原子からなる群から選択される1種以上のハロゲン原子を有するC1-4ハロゲン化炭化水素、求核性官能基を有する含フッ素化合物、および塩基を含む組成物に酸素存在下で光照射することを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)