このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018211920) 高強度溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/211920 国際出願番号: PCT/JP2018/016546
国際公開日: 22.11.2018 国際出願日: 24.04.2018
IPC:
C23C 2/02 (2006.01) ,C21D 9/46 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/06 (2006.01) ,C22C 38/60 (2006.01) ,C23C 2/06 (2006.01) ,C23C 28/00 (2006.01) ,C23G 1/08 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
02
被覆される材料の前処理,例.選択された表面部分を被覆するためのもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
46
金属薄板用
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
06
アルミニウムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
60
鉛,セレン,テルル,アンチモンまたは0.04重量%より多く硫黄を含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
G
電解法以外の化学的方法による金属質材料の清浄または脱脂
1
溶液または溶融塩を用いる金属質材料の清浄または酸洗い(pickling)
02
酸性溶液によるもの
08
鉄または鋼
出願人:
JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 2-3, Uchisaiwai-cho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000011, JP
発明者:
寺嶋 聖太郎 TERASHIMA Shotaro; JP
伏脇 祐介 FUSHIWAKI Yusuke; JP
牧水 洋一 MAKIMIZU Yoichi; JP
増岡 弘之 MASUOKA Hiroyuki; JP
長谷川 寛 HASEGAWA Hiroshi; JP
代理人:
熊坂 晃 KUMASAKA Akira; JP
森 和弘 MORI Kazuhiro; JP
井上 茂 INOUE Shigeru; JP
優先権情報:
2017-09944819.05.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING HIGH-STRENGTH MOLTEN ZINC PLATED STEEL SHEET
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UNE TÔLE D'ACIER HAUTE RÉSISTANCE À PLACAGE AU ZINC FONDU
(JA) 高強度溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method for manufacturing a high-strength molten zinc plated steel sheet having a high-strength-elongation balance with superior plating adherence and surface appearance. This method comprises a first heating step wherein a steel sheet with a prescribed component composition is heated to a temperature range of 800 – 950°C in an atmosphere with an H2 concentration of 0.05 – 30.0 vol% and a dew point of 0°C or less, a first acid washing step wherein the steel sheet after the first heating step is acid washed in an oxidizing acidic aqueous solution and washed with water, a second acid washing step wherein the steel sheet after the first acid washing step is acid washed in a non-oxidizing acidic aqueous solution and washed with water, a second heating step wherein the steel sheet after the second acid washing step is maintained in a temperature range of 700 – 900°C in an atmosphere with an H2 concentration of 0.05 – 30.0 vol% with a dew point of 0°C or less for 20 – 300 seconds, and a step for molten zinc plating of the steel sheet after the second heating step.
(FR) L'objet de la présente invention est de pourvoir à un procédé de fabrication d'une tôle d'acier haute résistance à placage au zinc fondu ayant un équilibre résistance-allongement élevé caractérisé par une adhérence de placage supérieure et une aspect de surface supérieur. Le procédé comprend une première étape de chauffage où une tôle d'acier ayant une composition de composants prescrite est chauffée dans une plage de températures de 800 à 950°C dans une atmosphère ayant une concentration de H2 de 0,05 à 30,0 % en vol. et un point de rosée de 0°C ou moins, une première étape de lavage à l'acide où, après la première étape de chauffage, la tôle d'acier est lavée à l'acide dans une solution aqueuse acide oxydante, puis à l'eau, une seconde étape de lavage à l'acide où, après la première étape de lavage à l'acide, la tôle d'acier est lavée à l'acide dans une solution aqueuse acide non oxydante, puis à l'eau, une seconde étape de chauffage où, après la seconde étape de lavage à l'acide, la tôle d'acier est maintenue dans une plage de températures de 700 à 900°C dans une atmosphère ayant une concentration de H2 de 0,05 à 30,0 % en vol. et un point de rosée de 0°C ou moins pendant 20-300 secondes, et une étape de placage au zinc fondu de la tôle d'acier après la seconde étape de chauffage.
(JA) 高い強度-伸びバランスを有し、かつめっき密着性、表面外観に優れた高強度溶融亜鉛めっき鋼板を製造する方法を提供することを目的とする。 所定の成分組成からなる鋼板を、H濃度が0.05vol%以上30.0vol%以下、露点が0℃以下の雰囲気中、800℃以上950℃以下の温度域に加熱する第1加熱工程と、前記第1加熱工程後の鋼板を、酸化性酸性水溶液中において酸洗し、水洗する第1酸洗工程と、前記第1酸洗工程後の鋼板を、非酸化性酸性水溶液中において酸洗し、水洗する第2酸洗工程と、前記第2酸洗工程後の鋼板を、H濃度が0.05vol%以上30.0vol%以下、露点が0℃以下の雰囲気中、700℃以上900℃以下の温度域で20秒以上300秒以下保持する第2加熱工程と、前記第2加熱工程後の鋼板を、溶融亜鉛めっき処理する工程を行う。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)