国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018211587) 組織締付具留置システム

Pub. No.:    WO/2018/211587    International Application No.:    PCT/JP2017/018345
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Wed May 17 01:59:59 CEST 2017
IPC: A61B 17/128
A61B 17/122
Applicants: OLYMPUS CORPORATION
オリンパス株式会社
Inventors: SATO Masatoshi
佐藤 雅俊
Title: 組織締付具留置システム
Abstract:
組織締付具留置装置システムは、ルーメンが形成されたシースと、筒状に形成され、ルーメンの先端から突没自在にシース内に配置された針管と、針管の内部に引き延ばされた状態で配置され、針管の外部で同一巻き径のコイル状に復元可能なコイル領域を有する組織締付具と、針管の内部で組織締付具の端部に接続されたスタイレットと、組織締付具を回転させながら前進させるようにスタイレットを動作させると共に、スタイレットを前進させる際にシースを長手軸周りの一方向に回転させる操作部とを備え、針管の先端がシースの先端よりも基端側に位置する状態において、操作部は、組織締付具を回転させながら前進させると共にシースを一方向に回転させるとき、組織締付具がシースからコイル領域の一巻き分の長さだけ突出する間にシースが1回転未満の回転量だけ回転するように構成され、シースから突出したコイル領域が、巻き径よりも大きい径となるように付勢される。