国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018211560) コネクタ

Pub. No.:    WO/2018/211560    International Application No.:    PCT/JP2017/018203
Publication Date: Fri Nov 23 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Tue May 16 01:59:59 CEST 2017
IPC: H01R 13/64
Applicants: SUMITOMO WIRING SYSTEMS, LTD.
住友電装株式会社
Inventors: MASE, Tsuyoshi
間瀬 強
Title: コネクタ
Abstract:
嵌合検知部材による嵌合検知機能の信頼性向上を図る。 嵌合検知部材(30)は、ロックアーム(15)の支持部(20)に一体的に弾性変位し得るように取り付けられ、支持部(20)に対して初期位置と検知位置との間で相対移動が可能である。嵌合検知部材(30)の弾性係止片(32)は、両ハウジング(10,50)が未嵌合及び半嵌合の状態では、ロックアーム(15)の前止まり部(19)に当接して嵌合検知部材(30)が検知位置へ移動することを規制する。第1ハウジング(10)には、ロックアーム(15)の湾曲変形に起因して弾性係止片(32)が前止まり部(19)から解離する方向へ変位したときに、嵌合検知部材(30)を当接させることで嵌合検知部材(30)が検知位置側へ移動することを規制する移動規制部(23)が設けられている。