このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207948) 高含水スティック状基材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207948 国際出願番号: PCT/JP2018/018570
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 14.05.2018
IPC:
A61K 8/64 (2006.01) ,A61K 8/02 (2006.01) ,A61K 8/34 (2006.01) ,A61K 8/36 (2006.01) ,A61K 8/44 (2006.01) ,A61K 8/73 (2006.01) ,A61K 9/06 (2006.01) ,A61K 47/10 (2006.01) ,A61K 47/12 (2006.01) ,A61K 47/18 (2006.01) ,A61K 47/42 (2017.01) ,A61Q 1/00 (2006.01) ,A61Q 19/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
64
蛋白質;ペプチド;その誘導体または分解生成物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
02
特別な物理的形態に特徴があるもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
34
アルコール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
36
カルボン酸;その塩または無水物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
40
窒素を含むもの
44
アミノカルボン酸またはその誘導体,例.硫黄を含むアミノカルボン酸;塩,エステルまたはそのNアシル化誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
72
有機高分子化合物を含むもの
73
多糖類
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
06
軟膏;軟膏基剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
08
酸素を含有するもの
10
アルコール;フェノール;それらの塩
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
08
酸素を含有するもの
12
カルボン酸;その塩または無水物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
16
窒素を含有するもの
18
アミン;第四級アンモニウム化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
42
蛋白質;ポリペプチド;それらの分解生成物;それらの誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1
メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
出願人:
日産化学株式会社 NISSAN CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋二丁目5番1号 5-1, Nihonbashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1036119, JP
発明者:
井本 鷹行 IMOTO, Takayuki; JP
代理人:
特許業務法人はなぶさ特許商標事務所 HANABUSA PATENT & TRADEMARK OFFICE; 東京都千代田区神田駿河台3丁目2番地 新御茶ノ水アーバントリニティ Shin-Ochanomizu Urban Trinity, 2, Kandasurugadai 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010062, JP
優先権情報:
2017-09572412.05.2017JP
発明の名称: (EN) STICK-SHAPED BASE MATERIAL HAVING HIGH WATER CONTENT
(FR) MATÉRIAU DE BASE EN FORME DE BÂTONNET ET À TENEUR ÉLEVÉE EN EAU
(JA) 高含水スティック状基材
要約:
(EN) [Problem] To provide a stick-shaped base material capable of having a desired break strength for a stick-shaped base material even if the lipid peptide compound amount is reduced. A stick-shaped base material including: a lipid peptide compound comprising at least one type selected from a compound indicated by formula (1), a similar compound, or a pharmaceutically useful salt thereof; a surfactant; water; 1,2–alkanediol or 1,3–alkanediol; at least one type of fatty acid; and an alginic acid derivative. (In the formula, R1 indicates a C9–23 aliphatic group, R2 indicates a hydrocarbon atom or a C1–4 alkyl group capable of having a C1–2 branched chain, R3 indicates a –(CH2)n–X group, n indicates 1–4, and X indicates a fused heterocycle comprising a 5-membered ring, a 6-membered ring, or a 5-membered ring and a 6-membered ring, and capable of having 1–3 amino groups, guanidino groups, –CONH2 groups, or nitrogen atoms.)
(FR) Le problème que cherche à résoudre la présente invention est de fournir un matériau de base en forme de bâtonnet qui possède une résistance à la rupture souhaitée pour un matériau de base en forme de bâtonnet même si la quantité de composé peptido-lipidique est réduite. L'invention concerne un matériau de base en forme de bâtonnet comprenant : un composé peptido-lipidique comprenant au moins un type de composé sélectionné parmi les composés décrits par la formule (1), un composé similaire, ou un sel pharmaceutiquement utile de celui-ci; un tensioactif; de l'eau; du 1,2-alcanediol ou du 1,3-alcanediol; au moins un type d'acide gras; et un dérivé de l'acide alginique. (Dans la formule, R1 représente un groupe aliphatique en C9–C23, R2 représente un atome d'hydrocarbure ou un groupe alkyle en C1–C4 pouvant comporter une chaîne ramifiée en C1–C2, R3 représente un groupe –(CH2)n–X, n représentant une valeur comprise entre 1 et 4 et X représentant un hétérocycle fusionné comprenant un cycle à 5 chaînons, un cycle à 6 chaînons ou un cycle à 5 chaînons et un cycle à 6 chaînons, et pouvant porter entre 1 et 3 groupes amino, groupes guanidino, groupes –CONH2, ou atomes d'azote.)
(JA) 【課題】脂質ペプチド型化合物の量を低減してもスティック状基材として求められる破断強度を有し得るスティック状基材を提供すること。 【解決手段】下記式(1)で表される化合物及びその類似化合物又はそれらの薬学的に使用可能な塩のうちの少なくとも一種からなる脂質ペプチド型化合物と界面活性剤と水と1,2-アルカンジオール又は1,3-アルカンジオールと、少なくとも一種の脂肪酸と、アルギン酸誘導体とを含む、スティック状基材。 (式中、R1は炭素原子数9乃至23の脂肪族基を表し、R2は水素原子、又は炭素原子数1若しくは2の分枝鎖を有し得る炭素原子数1乃至4のアルキル基を表し、R3は-(CH2n-X基を表し、nは1乃至4の数を表し、Xはアミノ基、グアニジノ基、-CONH2基、又は窒素原子を1乃至3個有し得る5員環若しくは6員環又は5員環と6員環から構成される縮合複素環を表す。)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)