このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207913) タービンケーシング用の保温装置、タービンケーシング用の保温ブロックの固定器具、およびタービンケーシング用の保温ブロックの固定方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207913 国際出願番号: PCT/JP2018/018327
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 11.05.2018
IPC:
F01D 25/24 (2006.01) ,F01D 25/10 (2006.01) ,F01D 25/28 (2006.01) ,F02C 7/00 (2006.01) ,F02C 7/24 (2006.01) ,F16B 5/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25
他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
24
ケーシング;ケーシングの部分品,例.ダイヤフラム,ケーシング固着具
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25
他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
08
冷却;加熱;断熱
10
加熱,例.始動前の暖機
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25
他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
28
部分品の保持または装着,例.タービンケーシングのためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
24
断熱又は騒音遮断
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
5
薄板または厚板相互のまたはそれらに平行な条片または棒への接続
出願人:
三菱日立パワーシステムズ株式会社 MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号 3-1, Minatomirai 3-Chome, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2208401, JP
株式会社Thermal Power Plant Engineering THERMAL POWER PLANT ENGINEERING CO., LTD. [JP/JP]; 長崎県長崎市飽の浦町1番109号 1-109, Akunoura-machi, Nagasaki-shi, Nagasaki 8500063, JP
発明者:
阿部 飛太 ABE Hyota; JP
黒川 祐二 KUROKAWA Yuji; JP
和泉 卓也 IZUMI Takuya; JP
中尾 猛 NAKAO Takeshi; JP
井手 啓介 IDE Keisuke; JP
古賀 理 KOGA Osamu; JP
代理人:
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
伊藤 英輔 ITO Eisuke; JP
橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki; JP
古都 智 FURUICHI Satoshi; JP
鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro; JP
長谷川 太一 HASEGAWA Taichi; JP
優先権情報:
2017-09445111.05.2017JP
発明の名称: (EN) HEAT RETENTION DEVICE FOR TURBINE CASING, SECURING TOOL FOR SECURING HEAT RETENTION BLOCK FOR TURBINE CASING, AND METHOD FOR SECURING HEAT RETENTION BLOCK FOR TURBINE CASING
(FR) DISPOSITIF DE RÉTENTION DE CHALEUR POUR CARTER DE TURBINE, OUTIL DE FIXATION POUR FIXER UN BLOC DE RÉTENTION DE CHALEUR POUR CARTER DE TURBINE, ET PROCÉDÉ DE FIXATION DE BLOC DE RÉTENTION DE CHALEUR POUR CARTER DE TURBINE
(JA) タービンケーシング用の保温装置、タービンケーシング用の保温ブロックの固定器具、およびタービンケーシング用の保温ブロックの固定方法
要約:
(EN) In the present invention, a securing tool (4) for a heat retention block (3) covering a turbine casing main body (2) has: a securing rod (41), one end of which has an engaging part (431) that includes a protrusion (412); and a socket (42). The socket (42) has a guide groove (421), into which the protrusion (412) of the securing rod (41) is inserted, and a recessed groove (422). The guide groove (421) has a first guide groove (421a), which extends in the socket axis direction from a starting end (A1) to a terminal end (B1), and a second guide groove (421b), the starting end A2 of which is connected to the terminal end B1, and which extends from the starting end A2 to a terminal end B2 in a circumferential direction relative to the socket axis. The second guide groove (421b) is connected to the recessed groove (422).
(FR) Dans la présente invention, un outil de fixation (4) pour un bloc de rétention de chaleur (3) recouvrant un corps principal de carter de turbine (2) comprend: une tige de fixation (41), dont une extrémité a une partie de mise en prise (431) qui comprend une saillie (412); et une douille (42). La douille (42) a une rainure de guidage (421), dans laquelle la saillie (412) de la tige de fixation (41) est insérée, et une rainure évidée (422). La rainure de guidage (421) comporte une première rainure de guidage (421a), qui s'étend dans la direction de l'axe de la douille d'une extrémité de départ (A1) à une extrémité terminale (B1), et une seconde rainure de guidage (421b), dont l'extrémité de départ (A2) est reliée à l'extrémité terminale (B1), et qui s'étend de l'extrémité de départ (A2) à une extrémité terminale (B2) dans une direction circonférentielle par rapport à l'axe de douille. La seconde rainure de guidage (421b) est reliée à la rainure évidée (422).
(JA) タービンケーシング本体(2)を被覆する保温ブロック(3)の固定器具(4)は、一端に突起(412)を含む係合部(431)を有する固定棒(41)と、ソケット(42)とを有する。ソケット(42)は、固定棒(41)の突起(412)が入る案内溝(421)、および凹設溝(422)を有する。案内溝(421)は、始端(A1)から終端(B1)にかけてソケット軸線方向に延びている第1の案内溝(421a)と、始端A2が終端B1につながり、始端A2から終端B2までソケット軸線に対する周方向に延びている第2の案内溝(421b)と、を有する。第2の案内溝(421b)は、凹設溝(422)とつながっている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)