このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207789) 疾患iPS細胞を用いた神経毒性評価モデル系及びその使用
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207789 国際出願番号: PCT/JP2018/017828
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 08.05.2018
IPC:
G01N 33/48 (2006.01) ,C12Q 1/02 (2006.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01) ,G01N 33/68 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
68
蛋白質またはペプチドまたはアミノ酸を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068501, JP
発明者:
井上 治久 INOUE, Haruhisa; JP
今村 恵子 IMAMURA, Keiko; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報:
2017-09345009.05.2017JP
発明の名称: (EN) NEUROTOXICITY EVALUATION MODEL SYSTEM USING DISEASED IPS CELL, AND USE THEREOF
(FR) SYSTÈME DE MODÈLE D’ÉVALUATION DE NEUROTOXICITÉ AU MOYEN D’UNE CELLULE CSPI, ET SON UTILISATION
(JA) 疾患iPS細胞を用いた神経毒性評価モデル系及びその使用
要約:
(EN) The present invention provides a method for evaluating the neurotoxicity of a compound to a human body, said method including steps (1) to (3): (1) bringing a nerve cell (CMT-N) differentiated and induced from an iPS cell from a human body suffering from CMT into contact with each of test compounds; (2) assessing at least one phenotype selected from the group consisting of (a) the state of a mitochondrion in a neurite, (b) an ATP level in a neurite and (c) an MFN2 protein level in the nerve cell; and (3) selecting a test compound that worsens the phenotype in (2) compared with a control in which the nerve cell is not contacted with any one of the test compounds as a compound capable of causing neurotoxicity to a human body.
(FR) La présente invention concerne un procédé d’évaluation de la neurotoxicité d’un composé sur un corps humain, les étapes (1) à (3) dudit procédé consistant : (1) à mettre en contact une cellule nerveuse (CMT-N) différenciée et induite à partir d’une cellule CSPI provenant d’un corps humain souffrant de CMT avec chacun des composés d’essai ; (2) à estimer au moins un phénotype sélectionné parmi le groupe constitué (a) de l’état d’une mitochondrie dans un neurite, (b) d’un niveau d’ATP dans un neurite et (c) d’un niveau de protéine MFN2 dans la cellule nerveuse ; et (3) à sélectionner un composé d’essai qui fait empirer le phénotype en (2) en comparaison avec un témoin dans lequel la cellule nerveuse n’est pas mise en contact avec l’un quelconque des composés d’essai en tant que composé pouvant causer une neurotoxicité sur un corps humain.
(JA) 本発明は、以下の(1)~(3)の工程を含む、化合物のヒトに対する神経毒性の評価方法を提供する。 (1)CMTのヒトiPS細胞から分化誘導された神経細胞(CMT-N)と試験化合物とを接触させる工程 (2)当該神経細胞における、以下の(a)~(c): (a)神経突起中のミトコンドリアの状態 (b)神経突起中のATPレベル (c)MFN2タンパク質レベル からなる群より選択される1以上の表現型を検定する工程 (3)試験化合物と接触させなかった対照と比較して、(2)の表現型を増悪させた試験化合物を、ヒトに対して神経毒性を引き起こす可能性がある化合物として選択する工程
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)