国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018207776) 有機エレクトロルミネッセンス素子、表示装置、照明装置

Pub. No.:    WO/2018/207776    International Application No.:    PCT/JP2018/017782
Publication Date: Fri Nov 16 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Wed May 09 01:59:59 CEST 2018
IPC: H01L 51/50
G09F 9/30
H01L 27/32
Applicants: KONICA MINOLTA, INC.
コニカミノルタ株式会社
KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION
国立大学法人九州大学
Inventors: SUGAWARA, Ryutaro
菅原 隆太郎
SUZUKI, Takatugu
鈴木 隆嗣
ADACHI, Chihaya
安達 千波矢
Title: 有機エレクトロルミネッセンス素子、表示装置、照明装置
Abstract:
本発明の目的は、近赤外領域に発光ピークを有し、且つ高い発光効率を有する有機EL素子を提供することである。本発明の有機EL素子は、陽極、陰極、及びそれらの間に配置され、発光層を含む少なくとも1層の有機層を有し、前記発光層は、以下の式(i)及び式(ii)を満たす第1有機化合物、第2有機化合物及び第3有機化合物を含み、式(i):ES1(A)>ES1(B)>ES1(C)、式(ii):ET1(A)>ET1(B)、前記第2有機化合物は、ΔESTが0.3eV以下である遅延蛍光体であり、前記第3有機化合物は、蛍光スペクトルにおける極大発光波長が700~1000nmにある、下記一般式(1)で表される発光体である。