国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018207714) 多能性幹細胞由来腸管オルガノイドの作製法

Pub. No.:    WO/2018/207714    International Application No.:    PCT/JP2018/017572
Publication Date: Fri Nov 16 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu May 03 01:59:59 CEST 2018
IPC: C12N 5/10
A61L 27/38
C12N 5/071
C12Q 1/02
Applicants: PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA CITY UNIVERSITY
公立大学法人名古屋市立大学
Inventors: MATSUNAGA Tamihide
松永 民秀
IWAO Takahiro
岩尾 岳洋
ONOZATO Daichi
小野里 太智
OGAWA Isamu
小川 勇
Title: 多能性幹細胞由来腸管オルガノイドの作製法
Abstract:
多能性幹細胞から機能的な腸管オルガノイドを作製することを課題とする。(1)多能性幹細胞を内胚葉様細胞へと分化させる工程、(2)工程(1)で得られた内胚葉様細胞を腸管幹細胞様細胞へと分化させる工程、(3)工程(2)で得られた腸管幹細胞様細胞を培養し、スフェロイドを形成させる工程、及び(4)工程(3)で形成されたスフェロイドを分化させ、腸管オルガノイドを形成させる工程であって、上皮成長因子、BMP阻害剤及びWntシグナル活性化剤に加えて、MEK1/2阻害剤、DNAメチル化阻害剤、TGFβ受容体阻害剤及びγ-セクレターゼ阻害剤の存在下での培養を含む工程によって、多能性幹細胞から腸管オルガノイドを作製する。