このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207633) 二酸化炭素吸収剤及びその製造方法、並びに、二酸化炭素分離システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207633 国際出願番号: PCT/JP2018/016929
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 26.04.2018
IPC:
B01J 20/22 (2006.01) ,B01D 53/14 (2006.01) ,B01D 53/62 (2006.01) ,B01D 53/83 (2006.01) ,B01J 20/26 (2006.01) ,B01J 20/32 (2006.01) ,B01J 20/34 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
14
吸収によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
62
炭素酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
81
固相法
83
移動反応物質によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
26
合成高分子化合物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
30
調製,再生または再活性化のためのプロセス
32
含浸または被覆
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
30
調製,再生または再活性化のためのプロセス
34
再生または再活性化
出願人:
川崎重工業株式会社 KAWASAKI JUKOGYO KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号 1-1, Higashikawasaki-cho 3-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6508670, JP
発明者:
根上 将大 NEGAMI, Masahiro; --
奥村 雄志 OKUMURA, Takeshi; --
下村 育生 SHIMOMURA, Ikuo; --
吉澤 克浩 YOSHIZAWA, Katsuhiro; --
野村 嘉道 NOMURA, Yoshimichi; --
田中 一雄 TANAKA, Kazuo; --
西部 祥平 NISHIBE, Shohei; --
代理人:
特許業務法人 有古特許事務所 PATENT CORPORATE BODY ARCO PATENT OFFICE; 兵庫県神戸市中央区東町123番地の1 貿易ビル3階 3rd Fl., Bo-eki Bldg., 123-1, Higashimachi, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6500031, JP
優先権情報:
2017-09299809.05.2017JP
発明の名称: (EN) CARBON DIOXIDE ABSORBENT AND METHOD FOR PRODUCING SAME, AND CARBON DIOXIDE SEPARATION SYSTEM
(FR) ABSORBANT DE DIOXYDE DE CARBONE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION, ET SYSTÈME DE SÉPARATION DE DIOXYDE DE CARBONE
(JA) 二酸化炭素吸収剤及びその製造方法、並びに、二酸化炭素分離システム
要約:
(EN) A method for producing a carbon dioxide absorbent includes the steps of: kneading hydrophilic fibers, a porous powder and an aqueous dispersion of a hydrophilic binder together, then granulating the resultant product, and then drying the granulated product to produce porous particles in which the hydrophilic fibers and the porous powder are compounded with each other through the hydrophilic binder; and preparing an aqueous amine solution that contains an amine compound at a concentration of 5 to 70% inclusive and has a temperature of 10 to 100°C inclusive, then impregnating the porous particles with the aqueous amine solution, and then through-circulation-drying the resultant porous particles each having the amine compound carried thereon. A carbon dioxide absorbent is so configured that an amine compound is carried on porous particles each prepared by compounding hydrophilic fibers with a porous powder through a hydrophilic binder.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un absorbant de dioxyde de carbone, le procédé consistant : à malaxer ensemble des fibres hydrophiles, une poudre poreuse et une dispersion aqueuse d'un liant hydrophile, à granuler le produit résultant, puis à sécher le produit granulé afin de produire des particules poreuses dans lesquelles les fibres hydrophiles et la poudre poreuse sont combinées entre elles par l'intermédiaire du liant hydrophile ; et à préparer une solution d'amine aqueuse contenant un composé d'amine à une concentration comprise entre 5 et 70 % inclus et présentant une température comprise entre 10 et 100 °C inclus, à imprégner les particules poreuses de la solution d'amine aqueuse, puis à sécher par traversée les particules poreuses résultantes, portant chacune le composé d'amine. Un absorbant de dioxyde de carbone est conçu de manière à ce qu'un composé d'amine soit porté sur des particules poreuses préparées chacune par combinaison de fibres hydrophiles avec une poudre poreuse par l'intermédiaire d'un liant hydrophile.
(JA) 二酸化炭素吸収剤の製造方法が、親水性繊維と多孔質粉末と親水性バインダー水分散液とを混練して造粒し、それを乾燥させて、親水性繊維と多孔質粉末とが親水性バインダーによって複合されてなる多孔質粒子を生成する工程と、アミン化合物の濃度が5%以上70%以下、且つ、温度が10℃以上100℃以下のアミン水溶液を調製し、アミン水溶液に多孔質粒子を含浸させ、アミン化合物を担持した多孔質粒子を通気乾燥させる工程とを含む。二酸化炭素吸収剤は、親水性バインダーによって親水性繊維と多孔質粉末とが複合された多孔質粒子に、アミン化合物が担持されてなる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)