国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018207511) 簡易自立機構を備える回転ダンパ

Pub. No.:    WO/2018/207511    International Application No.:    PCT/JP2018/014555
Publication Date: Fri Nov 16 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Apr 06 01:59:59 CEST 2018
IPC: F16F 9/14
A47K 13/12
Applicants: TOK, INC.
株式会社TOK
Inventors: ORITA Nobutoshi
織田 信寿
SAKAMAKI Takayuki
坂巻 孝行
Title: 簡易自立機構を備える回転ダンパ
Abstract:
便蓋等の開閉部材を開ける動作の終盤で開閉部材が跳ね返る不都合が生じない簡易自立機構を備える回転ダンパを提供する。回転ダンパ1は、ハウジング2、シャフト3、ベーン4、摺動部材5、Oリング6、およびキャップ7を主な構成要素として備える。ハウジング2の圧力室2aにおける軸部3aの外周には、軸部3aの軸心方向に所定高さで突出して羽根部3cが形成されている。羽根部3cは、両端部に挟まれた中央部の一部が所定長さに切り欠かれて、切り欠き部3c1が形成されている。羽根部3cの他側面B側には、羽根部3cの根元から軸部3aの外周に第1の溝3a1が周方向に所定長で所定幅に形成されている。また、この第1の溝3a1と所定の間隔をあけた軸部3aの外周には、第2の溝3a2が周方向に所定長で所定幅に形成されている。