このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207480) 自動列車保安装置及び車上装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207480 国際出願番号: PCT/JP2018/012147
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 26.03.2018
IPC:
B61L 23/14 (2006.01) ,B60L 15/40 (2006.01) ,B61L 3/12 (2006.01)
B 処理操作;運輸
61
鉄道
L
鉄道交通の案内;鉄道交通の保安
23
路線に沿った,あるいは車両間または列車間の制御,警報あるいは類似の保安装置
08
一方向のみの交通を制御するためのもの
14
自動操作されるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
L
電気的推進車両の推進装置;電気的推進車両の補助装置への電力供給;車両用電気的制動方式一般;車両用磁気的懸架または浮揚装置;電気的推進車両の変化の監視操作;電気的推進車両のための電気安全装置
15
電気的推進車両の推進,例.牽引モータの速度,の所定の駆動を行うための制御をする手段,回路または装置;定置場所,車両の他の場所または同じ列車の他の車両からの遠隔操作のための電気的推進車両における制御装置のためのもの
40
定置場所からの遠隔操作のための車両における制御装置のためのもの
B 処理操作;運輸
61
鉄道
L
鉄道交通の案内;鉄道交通の保安
3
車両または列車上の制御装置のために路線に沿って設けられた装置,例.制動弛めのためのもの,警報信号を作動さすためのもの
02
路線沿いの選定された場所に設けられた装置,例.間隔的制御
08
電気的に制御するもの
12
磁性または静電誘導を利用するもの;電波を利用するもの
出願人:
株式会社日立製作所 HITACHI, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 6-6, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008280, JP
発明者:
グエン ヴァン クエト NGUYEN, Van Quyet; JP
大貫 常雄 ONUKI, Tsuneo; JP
釣賀 宏之 TSURUGA, Hiroyuki; JP
代理人:
特許業務法人第一国際特許事務所 PATENT CORPORATE BODY DAI-ICHI KOKUSAI TOKKYO JIMUSHO; 東京都千代田区岩本町三丁目5番12号 5-12, Iwamotocho 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010032, JP
優先権情報:
2017-09435411.05.2017JP
発明の名称: (EN) AUTOMATIC TRAIN PROTECTION DEVICE AND ON-BOARD DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE PROTECTION DE TRAIN AUTOMATIQUE ET DISPOSITIF EMBARQUÉ
(JA) 自動列車保安装置及び車上装置
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a train control system that can effect a reduction in headway between trains by enabling the setting of safety margins to be varied according to the location of a safety distance, the safety margin being positioned in front of the safety distance and defining the stopping limit. To this end, a train route is divided into imaginary blocks, and a safety margin is defined for each block. Then, from a detected obstruction position, an appropriate safety margin is determined by checking the safety margin of the block with the obstruction position, and if necessary, the safety margin of the block preceding said block.
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un système de commande de train qui peut effectuer une réduction de la voie entre les trains en permettant de faire varier le réglage de marges de sécurité en fonction de l'emplacement d'une distance de sécurité, la marge de sécurité étant positionnée devant la distance de sécurité et définissant la limite d'arrêt. À cet effet, un itinéraire de train est divisé en blocs imaginaires, et une marge de sécurité est définie pour chaque bloc. Ensuite, à partir d'une position d'obstruction détectée, une marge de sécurité appropriée est déterminée en vérifiant la marge de sécurité du bloc comprenant la position d'obstruction, et si nécessaire, la marge de sécurité du bloc précédant ledit bloc.
(JA) 安全限界位置の前に置かれて停止限界を設定する安全余裕距離を、安全限界位置のある場所に応じて変化させて設定することにより、場所毎に適切な安全余裕距離を設定することを可能にし、列車の運転時隔を短縮できる列車制御システムを提供する。 このため、列車の走行する路線を仮想ブロックに区分し、ブロック毎に必要な安全余裕距離を定義する。そして、検知した支障位置から前記支障位置のブロックの安全余裕距離、更に必要な場合には前記ブロックの前のブロックの安全余裕距離を照査することにより適切な安全余裕距離を決定する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)