このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207446) シート、積層体、パイプ、ライザー管及びフローライン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207446 国際出願番号: PCT/JP2018/008694
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 07.03.2018
IPC:
C08J 5/04 (2006.01) ,B32B 1/08 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,F16L 11/10 (2006.01) ,B29C 53/58 (2006.01) ,B29K 27/12 (2006.01) ,B29K 105/08 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
04
解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
1
平面以外の一般的形状を本質的に有する積層体
08
管状の製品
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L
管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
11
ホース,すなわち可とう管
04
ゴムまたは可撓性のプラスチックで作られたもの
10
壁の中に埋蔵されない補強材をもつもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
53
曲げ,折たたみ,ひねり,直線化または平面化による成形;そのための装置
56
巻付けおよび接合,例.スパイラル状巻付け
58
ら旋状に
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
27
ポリハロゲン化ビニルを成形材料として使用
12
ふっ素を含有するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
105
成形品の条件,形態または状態
06
補強材,充填材または挿入物を有するもの
08
連続長の,例.コード,ロービング,マット,織物,ストランド,ヤーン
出願人:
ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中崎西二丁目4番12号 梅田センタービル Umeda Center Building, 4-12, Nakazaki-Nishi 2-Chome, Kita-ku, Osaka-Shi, Osaka 5308323, JP
発明者:
桑嶋 祐己 KUWAJIMA, Yuuki; JP
津田 早登 TSUDA, Hayato; JP
代理人:
特許業務法人 安富国際特許事務所 YASUTOMI & ASSOCIATES; 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目5番36号 5-36, Miyahara 3-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320003, JP
優先権情報:
2017-09386410.05.2017JP
発明の名称: (EN) SHEET, LAMINATE, PIPE, RISER TUBE, AND FLOWLINE
(FR) FEUILLE, STRATIFIÉ, TUYAU, TUBE DE COLONNE ASCENDANTE ET CONDUITE D'ÉCOULEMENT
(JA) シート、積層体、パイプ、ライザー管及びフローライン
要約:
(EN) Provided is a sheet having a greater tensile strength than conventional fiber-reinforced composite materials containing a fluororesin as a matrix. This sheet is characterized by containing carbon fibers and fluororesin layers located around carbon single fibers constituting the carbon fibers, and in that the fluororesin constituting the fluororesin layers is polyvinylidene fluoride, and the tensile strength is 400 MPa or more.
(FR) L'invention concerne une feuille présentant une résistance à la traction supérieure à celle des matériaux composites renforcés par des fibres classiques contenant une résine fluorée en tant que matrice. Cette feuille est caractérisée en ce qu'elle contient des fibres de carbone et des couches de résine fluorée situées autour de fibres de carbone uniques constituant les fibres de carbone et en ce que la résine fluorée constituant les couches de résine fluorée est le poly(fluorure de vinylidène) et la résistance à la traction est de 400 MPa ou plus.
(JA) マトリックスとしてフッ素樹脂を含む従来の繊維強化複合材料と比べて、引張強度が大きいシートを提供する。炭素繊維と、前記炭素繊維を構成する炭素単繊維の周囲に位置するフッ素樹脂層とを含み、前記フッ素樹脂層を構成するフッ素樹脂がポリフッ化ビニリデンであり、引張強度が400MPa以上であることを特徴とするシートである。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)