このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018207392) TIG溶接方法及びTIG溶接装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/207392 国際出願番号: PCT/JP2017/042888
国際公開日: 15.11.2018 国際出願日: 29.11.2017
IPC:
B23K 9/067 (2006.01) ,B23K 9/00 (2006.01) ,B23K 9/167 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
06
アークスタートのための,例.点孤電圧の発生による,またはアーク安定のための装置または回路
067
アークスタートのためのもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
167
非消耗電極を用いるもの
出願人:
株式会社アマダミヤチ AMADA MIYACHI CO., LTD. [JP/JP]; 神奈川県伊勢原市石田200番地 200, Ishida, Isehara-shi, Kanagawa 2591196, JP
株式会社アマダホールディングス AMADA HOLDINGS CO.,LTD. [JP/JP]; 神奈川県伊勢原市石田200番地 200, Ishida, Isehara-shi, Kanagawa 2591196, JP
発明者:
阿部 正行 ABE, Masayuki; JP
石川 日吉 ISHIKAWA, Hiyoshi; JP
代理人:
誠真IP特許業務法人 SEISHIN IP PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区三田三丁目13番16号 三田43MTビル13階 Mita 43MT Building 13th Floor, 13-16, Mita 3-Chome, Minato-ku, Tokyo 1080073, JP
優先権情報:
2017-09404410.05.2017JP
発明の名称: (EN) TIG WELDING METHOD AND TIG WELDING DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE SOUDAGE TIG ET DISPOSITIF DE SOUDAGE TIG
(JA) TIG溶接方法及びTIG溶接装置
要約:
(EN) In this control method, an initial energization is begun with a touch start method and an initial current Io for initial energization is supplied to a circuit while a torch electrode is in contact with the material to be welded, after which the timing (t2) at which the torch electrode is separated from the material being welded while a linear movement unit is moved upward is assumed to be the arc welding start timing, and the current is switched from the initial current Io to a primary current IM for main energization immediately after or simultaneous with the detection of the separation timing.
(FR) La présente invention concerne un procédé de commande selon lequel une excitation initiale est commencée avec un procédé de démarrage par toucher et un courant initial Io pour une excitation initiale est fourni à un circuit tandis qu'une électrode de torche est en contact avec le matériau à souder, après quoi le moment (t2) auquel l'électrode de torche est séparée du matériau qui est soudé tandis qu'une unité de mouvement linéaire est déplacée vers le haut est supposé être le moment de début de soudage à l'arc, et le courant est commuté du courant initial Io à un courant primaire IM pour une excitation principale immédiatement après ou simultanément à la détection du moment de séparation.
(JA) この制御方式においては、タッチスタート方式で初期通電を開始してトーチ電極が被溶接材に接食している状態回路に初期通電用の初期電流Iを流した後に、直進可動部を上昇移動させるときにトーチ電極が被溶接材から分離したタイミング(t)をアーク溶接の開始のタイミングと擬制したうえで、分離のタイミングを検出するのと同時または即時に初期電流Iから本通電用の主電流Iに切り換える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)