処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018203572 - 非特異反応抑制剤

公開番号 WO/2018/203572
公開日 08.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017551
国際出願日 02.05.2018
IPC
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
42
免疫グロブリンに対するもの(抗イディオタイプ抗体)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
34
状態の測定または検出手段をもって測定または試験を行なうもの,例.コロニー計数器
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
531
免疫化学的試験物質の製造
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
08
モノクローナル抗体
G01N 33/53 (2006.01)
C07K 16/42 (2006.01)
C12M 1/34 (2006.01)
G01N 33/531 (2006.01)
G01N 33/543 (2006.01)
C12P 21/08 (2006.01)
CPC
C07K 16/42
C12M 1/34
G01N 33/53
G01N 33/531
G01N 33/543
出願人
  • 田中貴金属工業株式会社 TANAKA KIKINZOKU KOGYO K.K. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 7-3, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006422, JP
発明者
  • 鈴木 啓太 SUZUKI Keita; JP
  • 岩本 久彦 IWAMOTO Hisahiko; JP
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報
2017-09185802.05.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) NONSPECIFIC REACTION INHIBITOR
(FR) INHIBITEUR DE RÉACTION NON SPÉCIFIQUE
(JA) 非特異反応抑制剤
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a nonspecific reaction inhibitor whereby nonspecific reaction due to a nonspecific factor can be adequately suppressed even for a specimen in which the effect of a heterophil antibody or other nonspecific factor could not be adequately suppressed by the conventional nonspecific reaction inhibitor. The present invention relates to a nonspecific reaction inhibitor for immunoassay, characterized by containing anti-mammal-derived IgM antibodies for which the ratio (A2/A1) of the absorbance A2 when reacted with feline IgM to the absorbance A1 when reacted with canine IgM is 0.1 to 1.5, and the ratio (A3/A1) of the absorbance A3 when reacted with human IgM to the absorbance A1 when reacted with canine IgM is 0.5 or greater.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un inhibiteur de réaction non spécifique par lequel une réaction non spécifique due à un facteur non spécifique peut être supprimée de manière adéquate même pour un échantillon dans lequel l'effet d'un anticorps hétérophile ou d'un autre facteur non spécifique pourrait ne pas être supprimé de manière adéquate par l'inhibiteur de réaction non spécifique classique. La présente invention concerne un inhibiteur de réaction non spécifique pour un dosage immunologique, caractérisé en ce qu'il contient des anticorps IgM dérivés anti-mammifère pour lesquels le rapport (A2/A1) de l'absorbance A2 lorsqu'il est mis en réaction avec une IgM féline avec absorbance A1 lorsqu'il est mis en réaction avec une IgM canin est de 0,1 à 1,5, et le rapport (A3/A1) de l'absorbance A3 lorsqu'il est mis en réaction avec une IgM humaine à absorbance A1 lorsqu'il est mis en réaction avec une IgM canine est égal ou supérieur à 0,5.
(JA)
本発明は、従来の非特異反応抑制剤では異好性抗体等の非特異因子の影響を十分に抑制できなかった検体であっても、非特異因子による非特異反応を十分に抑制することができる非特異反応抑制剤を提供することを課題とする。本発明は、ELISA試験において、イヌIgMと反応させたときの吸光度A1に対するネコIgMと反応させたときの吸光度A2の比(A2/A1)が0.1以上1.5以下であり、かつ、イヌIgMと反応させたときの吸光度A1に対するヒトIgMと反応させたときの吸光度A3の比(A3/A1)が0.5以上である抗哺乳動物由来IgM抗体を含有することを特徴とする免疫測定法用の非特異反応抑制剤に関する。
他の公開
JP2019515748
国際事務局に記録されている最新の書誌情報