このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018203566) 変異型糸状菌及び当該変異型糸状菌を用いた物質生産方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/203566 国際出願番号: PCT/JP2018/017474
国際公開日: 08.11.2018 国際出願日: 01.05.2018
IPC:
C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
国立大学法人東北大学 TOHOKU UNIVERSITY [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1番1号 2-1-1, Katahira, Aoba-ku, Sendai-shi, Miyagi 9808577, JP
学校法人金沢工業大学 KANAZAWA INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 石川県野々市市扇が丘7番1号 7-1, Ohgigaoka, Nonoichi-shi, Ishikawa 9218501, JP
発明者:
阿部 敬悦 ABE, Keietsu; JP
吉見 啓 YOSHIMI, Kei; JP
宮澤 拳 MIYAZAWA, Ken; JP
田畑 風華 TABATA, Fuka; JP
五味 勝也 GOMI, Katsuya; JP
佐野 元昭 SANO, Motoaki; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2017-09173402.05.2017JP
発明の名称: (EN) MUTANT FILAMENTOUS FUNGUS AND SUBSTANCE PRODUCTION METHOD IN WHICH SAID MUTANT FILAMENTOUS FUNGUS IS USED
(FR) CHAMPIGNON FILAMENTEUX MUTANT ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’UNE SUBSTANCE DANS LEQUEL LEDIT CHAMPIGNON FILAMENTEUX MUTANT EST UTILISÉ
(JA) 変異型糸状菌及び当該変異型糸状菌を用いた物質生産方法
要約:
(EN) A mutant filamentous fungus that does not express α-1,3-glucan and is deficient in at least part of the GAG biosynthetic cluster. A substance production method that includes a step for culturing a filamentous fungus to cause a substance to be produced in the filamentous fungus, and a step for recovering the resulting substance.
(FR) La présente invention concerne un champignon filamenteux mutant qui n’exprime pas l’α-1,3-glucane et qui est déficient, au moins en partie, en agrégat biosynthétique GAG. L'invention concerne également un procédé de production de substance qui comprend une étape de culture d’un champignon filamenteux destinée à amener une substance à être produite dans le champignon filamenteux, et une étape de récupération de la substance ainsi obtenue.
(JA) α-1,3-グルカンを発現せず、かつGAG生合成クラスターの少なくとも一部を欠損している変異型の糸状菌。糸状菌を培養して、当該糸状菌に物質を生成させる工程、及び 得られた物質を回収する工程 を含む、物質生産方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)