処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018203542 - グリース組成物

公開番号 WO/2018/203542
公開日 08.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017341
国際出願日 27.04.2018
IPC
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
169
いずれも本質的成分であって,先行の各グループに包含される基材,増稠剤または添加剤から選ばれる少なくとも2つのタイプの配合成分の混合物を成分として含有することによって特徴づけられる潤滑組成物
02
基材と増稠剤との混合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
08
酸素を含有するもの
32
エステル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
08
酸素を含有するもの
32
エステル
38
ポリヒドロキシ化合物の
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
115
カルボン酸またはその塩以外の非高分子有機化合物である増稠剤によって特徴づけられる潤滑組成物
08
窒素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
02
粘度;粘度指数
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
06
油性;油膜強度;耐摩耗性;耐極圧性
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
02
軸受
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
10
半固体;グリース状
C10M 169/02 (2006.01)
C10M 105/32 (2006.01)
C10M 105/38 (2006.01)
C10M 115/08 (2006.01)
C10N 20/00 (2006.01)
C10N 20/02 (2006.01)
CPC
C10M 105/32
C10M 105/38
C10M 115/08
C10M 169/02
出願人
  • 出光興産株式会社 IDEMITSU KOSAN CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号 1-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008321, JP
発明者
  • 関口 浩紀 SEKIGUCHI, Hiroki; JP
  • 渡邊 剛 WATANABE, Go; JP
代理人
  • 平澤 賢一 HIRASAWA, Kenichi; JP
  • 滝沢 喜夫 TAKIZAWA, Yoshio; JP
  • 大谷 保 OHTANI, Tamotsu; JP
  • 竹原 裕一 TAKEHARA, Yuichi; JP
優先権情報
2017-09140101.05.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GREASE COMPOSITION
(FR) COMPOSITION DE GRAISSE
(JA) グリース組成物
要約
(EN)
A grease composition comprising a base oil (A) including an ester oil (A1), and an aliphatic diurea (B) represented by general formula (b1), R1–NHCONH–R3–NHCONH–R2 (b1) (where R1 and R2 each independently represent a C8-20 monovalent aliphatic hydrocarbon group, and R3 represents a C6 to 18 bivalent aromatic hydrocarbon group) wherein, in said grease composition, the kinematic viscosity at 40°C of the base oil (A) is 10 mm2/s to no more than 45 mm2/s, the ester oil (A1) content is 50 mass% or more relative to the total weight of the base oil (A), the aliphatic diurea (B) content is 20 to 30 mass% relative to the total weight of the grease composition, and the worked penetration at 25°C is greater than 300.
(FR)
L’invention concerne une composition de graisse qui contient: une huile de base (A) contenant une huile (A1) de type ester; et une diurée aliphatique (B) représentée par la formule générale (b1) R1-NHCONH-R3-NHCONH-R2 (dans cette formule, R1 et R2 représentent indépendamment un groupe hydrocarboné aliphatique monovalent dont le nombre d’atomes de carbone est compris entre 8 et 20, et R3 représente un groupe hydrocarboné aromatique bivalent dont le nombre d’atomes de carbone est compris entre 6 et 18. Pour cette composition de graisse: le coefficient de viscosité cinétique à 40°C de l’huile de base (A) est supérieur ou égal à 10mm2/s et inférieur à 45mm2/s; la quantité d’huile (A1) de type ester est égale à au moins 50% en masse de la quantité totale d’huile de base; la quantité de diurée aliphatique (B) est égale à 20 à 30% en masse de la quantité totale de composition de graisse; et la pénétration travaillée à 25°C est supérieure à 300.
(JA)
エステル系油(A1)を含む基油(A)と、下記一般式(b1) R-NHCONH-R-NHCONH-R (b1) (式(b1)中、R及びRは、それぞれ独立に、炭素数8~20の1価の脂肪族炭化水素基を示す。Rは、炭素数6~18の2価の芳香族炭化水素基を示す。) で表される脂肪族ジウレア(B)とを含有するグリース組成物であって、 基油(A)の40℃動粘度が10mm/s以上45mm/s未満であり、 エステル系油(A1)の含有量が、基油(A)の全量基準で50質量%以上であり、 脂肪族ジウレア(B)の含有量が、前記グリース組成物の全量基準で20~30質量%であり、 25℃における混和ちょう度が300超である、グリース組成物とした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報