このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018203539) 金属の回収方法、並びに金属回収用担体及びこれを用いた金属の回収用バイオリアクター
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/203539 国際出願番号: PCT/JP2018/017313
国際公開日: 08.11.2018 国際出願日: 27.04.2018
IPC:
C12P 3/00 (2006.01) ,B01J 20/22 (2006.01) ,C12M 1/40 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 15/30 (2006.01) ,C12N 15/62 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
3
二酸化炭素を除く無機化合物または元素の製造
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
40
遊離,固定化または担体に結合した酵素を使用するために特に設計された装置,例.固定化酵素の流動床を有する装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
30
原生動物蛋白質,例.変形体,睡眠病病原虫,アイメリア由来の蛋白質,をコードする遺伝子
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
62
融合蛋白質をコードするDNA配列
出願人:
学校法人法政大学 HOSEI UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都千代田区富士見二丁目17番1号 2-17-1 Fujimi, Chiyoda-ku, Tokyo 1028160, JP
TDK株式会社 TDK CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区芝浦三丁目9番1号 3-9-1, Shibaura, Minato-ku, Tokyo 1080023, JP
発明者:
山本 兼由 YAMAMOTO, Kaneyoshi; JP
三宅 裕可里 MIYAKE, Yukari; JP
小島 文歌 KOJIMA, Fumika; JP
吉多 美祐 YOSHIDA, Miyu; JP
大沢 美紀 OSAWA, Miki; JP
北川 寿美子 KITAGAWA, Sumiko; JP
代理人:
特許業務法人イイダアンドパートナーズ IIDA & PARTNERS; 東京都港区新橋3丁目1番10号 石井ビル3階 ISHII Bldg. 3F, 1-10, Shimbashi 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1050004, JP
飯田 敏三 IIDA, Toshizo; JP
星野 宏和 HOSHINO, Hirokazu; JP
優先権情報:
2017-09150302.05.2017JP
発明の名称: (EN) METAL RECOVERY METHOD, METAL RECOVERY CARRIER, AND METAL RECOVERY BIOREACTOR USING SAME
(FR) PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE MÉTAL, SUPPORT DE RÉCUPÉRATION DE MÉTAL ET BIORÉACTEUR DE RÉCUPÉRATION DE MÉTAL L'UTILISANT
(JA) 金属の回収方法、並びに金属回収用担体及びこれを用いた金属の回収用バイオリアクター
要約:
(EN) [Problem] To provide a metal recovery method capable of being used in a wide range of conditions without limitation upon range of applicability. [Solution] A metal recovery method in which a metal recovery carrier and a medium containing metal ions are brought into contact, the metal ions in the medium are bonded to the surface of an outer layer of the metal recovery carrier, and the metal recovery carrier is separated from the medium. The outer layer of the metal recovery carrier is a biologically inactive material constituted by double phospholipid films. Porins derived from gram-negative bacteria pass through the double phospholipid films. A metal ion bonding peptide motif is introduced into a region of the amino acid sequence of the porins that will not negatively affect porin functioning in the gram-negative bacteria. The metal ion bonding peptide motif is presented on the surfaces of the double phospholipid films.
(FR) Le problème à la base de la présente invention concerne un procédé de récupération de métal pouvant être utilisé dans une large gamme de conditions sans limitation sur la plage d'applicabilité. La solution selon l'invention porte sur un procédé de récupération de métal dans lequel un support de récupération de métal et un milieu contenant des ions métalliques sont mis en contact, les ions métalliques dans le milieu sont liés à la surface d'une couche externe du support de récupération de métal et le support de récupération de métal est séparé du milieu. La couche externe du support de récupération de métal est un matériau biologiquement inactif constitué par des films doubles de phospholipides. Des porines dérivées de bactéries à gram négatif passent à travers les doubles films de phospholipides. Un motif peptidique de liaison d'ions métalliques est introduit dans une région de la séquence d'acides aminés des porines, qui n'affectera pas négativement le fonctionnement de la porine dans les bactéries à gram négatif. Le motif peptidique de liaison d'ions métalliques est présent sur les surfaces des doubles films de phospholipides.
(JA) 【課題】適用可能範囲の制約を受けることなく、幅広い条件下で使用できる、金属の回収方法を提供する。 【解決手段】金属回収用担体と、金属イオンを含有する媒体とを接触させ、 前記媒体に含まれる金属イオンを前記金属回収用担体の外層表面に結合させて、 前記媒体から前記金属回収用担体を分離する、 金属の回収方法であって、 前記金属回収用担体は、外層がリン脂質二重膜から構成される非生命活動体であり、 グラム陰性菌由来のポリンが、前記リン脂質二重膜を貫通し、 前記ポリンのアミノ酸配列中、前記グラム陰性菌においてポリン機能を損なわない領域に、金属イオン結合ペプチドモチーフが導入されており、 前記金属イオン結合ペプチドモチーフが、前記リン脂質二重膜の表面に呈示される、 金属の回収方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)