処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018203427 - 抗ウイルス剤

公開番号 WO/2018/203427
公開日 08.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/004151
国際出願日 07.02.2018
IPC
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
[IPC code unknown for A61K 35/583]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
14
RNAウィルスに対するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
20
DNAウィルスに対するもの
A61K 38/16 (2006.01)
A61K 31/7088 (2006.01)
A61K 35/583 (2015.01)
A61K 48/00 (2006.01)
A61P 31/14 (2006.01)
A61P 31/20 (2006.01)
CPC
A61K 31/7088
A61K 35/583
A61K 38/16
A61K 48/00
A61P 31/14
A61P 31/20
出願人
  • 堀田 博 HOTTA, Haku [JP/JP]; JP
発明者
  • 堀田 博 HOTTA, Haku; JP
代理人
  • 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報
2017-09192602.05.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ANTIVIRAL AGENT
(FR) AGENT ANTIVIRAL
(JA) 抗ウイルス剤
要約
(EN)
The present invention provides a novel antiviral agent against a virus which has an envelope including a lipid bilayer derived from a cytoplasmic membrane. The antiviral agent according to the present invention includes a polypeptide that includes an isoform CM-II or a specific amino acid sequence of secretion-type phospholipase A2 derived from cobra venom.
(FR)
La présente invention concerne un nouvel agent antiviral contre un virus qui a une enveloppe comprenant une bicouche lipidique dérivée d'une membrane cytoplasmique. L'agent antiviral selon la présente invention comprend un polypeptide qui comprend une isoforme CM-II ou une séquence d'acides aminés spécifique de phospholipase A de type sécrétion dérivée du venin de cobra.
(JA)
本発明は、小胞体膜由来の脂質二重層を含むエンベロープを有するウイルスに対する新規の抗ウイルス剤を提供する。本発明の抗ウイルス剤は、コブラ毒由来の分泌型ホスホリパーゼAのアイソフォームCM-IIまたは特定のアミノ酸配列からなるポリペプチドを含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報