処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199332 - コントロールケーブル

公開番号 WO/2018/199332
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017323
国際出願日 27.04.2018
IPC
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
1
たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段
24
潤滑;潤滑装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
1
たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段
02
回転運動伝達用
08
端連結
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
1
たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段
10
たわみ被覆の中で直線運動を伝達するための手段,例.”ボーデン機構”
20
被覆の中であちこちへ運動するたわみ部材の構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
1
たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段
26
案内用の被覆または案内用の管の構造
F16C 1/24 (2006.01)
F16C 1/08 (2006.01)
F16C 1/20 (2006.01)
F16C 1/26 (2006.01)
CPC
F16C 1/08
F16C 1/20
F16C 1/24
F16C 1/26
出願人
  • 株式会社ハイレックスコーポレーション HI-LEX CORPORATION [JP/JP]; 兵庫県宝塚市栄町一丁目12番28号 12-28, Sakaemachi 1-chome, Takarazuka-shi, Hyogo 6650845, JP
発明者
  • 舟橋 信裕 FUNAHASHI, Nobuhiro; JP
  • 清水 大地 SHIMIZU, Daichi; JP
優先権情報
2017-09029028.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CONTROL CABLE
(FR) CÂBLE DE COMMANDE
(JA) コントロールケーブル
要約
(EN)
This control cable (10) has a flexible shaft (11, etc.) that is rigid enough to transmit rotational force, a braid (12) having a core thread (41) and a pile (42) fixed to the core thread (41), and an outer casing (13) accommodating a composite flexible shaft (20) in which the braid (12) is wound in a helix at a prescribed pitch around the outer periphery of the flexible shaft (11, etc.), the outer periphery of the flexible shaft (11, etc.) having grease (50), and grease reservoirs (14), in which the grease (50) is retained, being formed between the parts of the braid (12) separated at a prescribed pitch in the axial direction of the flexible shaft (11,etc.). The present invention thereby makes it possible to suitably prevent the occurrence of vibration and abnormal noise while the flexible shaft (11, etc.) is rotating, and also to reduce resistance against sliding on the outer casing (13) while the flexible shaft (11, etc.) is rotating.
(FR)
La présente invention concerne un câble de commande (10) ayant un arbre flexible (11, etc.) qui est suffisamment rigide pour transmettre une force de rotation, une tresse (12) ayant un fil de noyau (41) et une pile (42) fixée au fil de noyau (41), et un boîtier externe (13) recevant un arbre flexible composite (20) dans lequel la tresse (12) est enroulée en hélice selon un pas prescrit autour de la périphérie externe de l'arbre flexible (11, etc.), la périphérie externe de l'arbre flexible (11, etc.) comportant de la graisse (50), et des réservoirs de graisse (14), dans lesquels la graisse (50) est retenue, étant formés entre les parties de la tresse (12) séparées à un pas prescrit dans la direction axiale de l'arbre flexible (11,etc.). La présente invention permet ainsi d'empêcher de manière appropriée l'apparition de vibrations et de bruit anormal tandis que l'arbre flexible (11, etc.) est en rotation, et également de réduire la résistance contre le coulissement sur le boîtier externe (13) tandis que l'arbre flexible (11, etc.) tourne.
(JA)
本発明のコントロールケーブル(10)は、回転力を伝達可能な剛性を有するフレキシブルシャフト(11等)と、芯糸(41)及び上記芯糸(41)に固定されたパイル(42)を有するモール(12)と、上記モール(12)が上記フレキシブルシャフト(11等)の外周に所定のピッチで螺旋状に巻かれた複合フレキシブルシャフト(20)が収容されたアウターケーシング(13)とを有し、上記フレキシブルシャフト(11等)の外周にはグリース(50)を有し、上記フレキシブルシャフト(11等)の軸方向に所定ピッチで離間した上記モール(12)の間に上記グリース(50)が保持されるグリース溜まり(14)が形成されている。本発明は、これにより、フレキシブルシャフト(11等)の回転時に振動や異音の発生を好適に防止可能し、且つフレキシブルシャフト(11等)の回転時のアウターケーシング(13)に対する摺動抵抗を低減可能となる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報