処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199318 - 抗GPC-1抗体

公開番号 WO/2018/199318
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017291
国際出願日 27.04.2018
IPC
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
18
動物またはヒトからの物質に対するもの
28
レセプター,細胞表面抗原または細胞表面決定因子に対するもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
1
遺伝子型を改変するための処理
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
39
抗原または抗体を含有する医薬品製剤
395
抗体;免疫グロブリン;免疫血清,例.抗リンパ球血清
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
49
生体内試験のための製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
46
ハイブリッド免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
574
癌のためのもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
08
モノクローナル抗体
C07K 16/28 (2006.01)
A01H 1/00 (2006.01)
A61K 39/395 (2006.01)
A61K 49/00 (2006.01)
A61P 35/00 (2006.01)
C07K 16/46 (2006.01)
CPC
A01H 1/00
A61K 39/395
A61K 49/00
A61P 35/00
C07K 16/28
C07K 16/46
出願人
  • 国立大学法人高知大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOCHI UNIVERSITY [JP/JP]; 高知県高知市曙町二丁目5番1号 5-1, Akebono-cho, 2-chome, Kochi-shi, Kochi 7808520, JP
発明者
  • 仲 哲治 NAKA Tetsuji; JP
  • 世良田 聡 SERADA Satoshi; JP
  • 藤本 穣 FUJIMOTO Minoru; JP
代理人
  • 山本 秀策 YAMAMOTO Shusaku; JP
  • 森下 夏樹 MORISHITA Natsuki; JP
  • ▲駒▼谷 剛志 KOMATANI Takeshi; JP
  • 飯田 貴敏 IIDA Takatoshi; JP
  • 石川 大輔 ISHIKAWA Daisuke; JP
  • 山本 健策 YAMAMOTO Kensaku; JP
優先権情報
2017-09005428.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ANTI-GPC-1 ANTIBODY
(FR) ANTICORPS ANTI-GPC-1
(JA) 抗GPC-1抗体
要約
(EN)
Provided is a novel anti-Glypican-1 antibody and a method for using the same. Provided is an anti-Glypican-1 antibody having an intracellular migration activity which has never been observed in conventional anti-Glypican-1 antibodies. By taking advantage of the intracellular migration activity of the antibody according to the present invention, the present invention is usable for various therapeutic purposes beyond the scope of the conventional assumption. Also provided is a composition for preventing or treating Glypican-1 positive cancer, said composition comprising a complex of a substance capable of binding to Glypican-1 (for example, an anti-Glypican-1 antibody) with a drug having a cytotoxic activity.
(FR)
La présente invention concerne un nouvel anticorps anti-glypicane-1 et son procédé d’utilisation. L’anticorps anti-glypicane-1 présente une activité de migration intracellulaire qui n’a jamais été observée dans les anticorps anti-glypicane-1 classiques. En tirant partie de l’activité de migration intracellulaire de l’anticorps selon la présente invention, la présente invention peut être utilisée à diverses fins thérapeutiques au-delà de la portée de l’hypothèse classique. La présente invention concerne également une composition de prévention ou de traitement d’un cancer glypicane-1 positif, ladite composition comprenant un complexe d’une substance capable de liaison au glypicane-1 (par exemple, un anticorps anti-glypicane-1) avec un médicament ayant une activité cytotoxique.
(JA)
本発明は新規抗Glypican-1抗体およびその利用法を提供する。本発明は、細胞内移行活性を有する抗Glypican-1抗体を提供する。このような活性は従来の抗Glypican-1抗体では見られなかった。本発明の抗体の細胞内移行活性を利用して、本発明は、従来では想定されなかった様々な治療用途に使用され得る。本発明はまた、Glypican-1に結合する物質(例えば、抗Glypican-1抗体)と細胞傷害活性を有する薬剤との複合体を含む、Glypican-1陽性がんを予防または治療するための組成物も提供する。
他の公開
EP2018792237
JP2019514676
国際事務局に記録されている最新の書誌情報