国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018199313) 内燃機関及び駆動システム

Pub. No.:    WO/2018/199313    International Application No.:    PCT/JP2018/017279
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat Apr 28 01:59:59 CEST 2018
IPC: F02B 75/02
B60K 6/24
B60W 20/15
F01L 1/04
F01L 1/356
F01L 13/00
F02D 19/06
F02M 26/05
F02M 26/06
F02M 26/07
F02M 26/22
Applicants: SAWADA Fukuei
澤田 福衛
SATO Shigeru
佐藤 茂
Inventors: SAWADA Fukuei
澤田 福衛
SATO Shigeru
佐藤 茂
Title: 内燃機関及び駆動システム
Abstract:
【課題】 6サイクル内燃機関におけるポンピングロスを低減して出力の向上を図る。 【解決手段】 吸気,圧縮,前段点火,燃焼の後のピストン14下降時に排気バルブ30を開いて排気を行うとともに、ピストン14が下死点となる手前で吸気バルブ20も開いて、ピストン14が再び上昇するまで掃気・吸気を行う。その後、バルブ20,30の両方を閉じてピストン14上昇により圧縮を行うとともに、燃料ノズル40から燃料を注入する。そして、ピストン14が上死点(ないし上死点付近)となった時点で、点火プラグ12により後段の点火を行う。燃焼によりピストン14が下降し、排気バルブ30を開いて排気する。4サイクルの内燃機関における吸気工程→圧縮工程→燃焼工程→排気工程と、2サイクルの内燃機関における吸気・圧縮工程→燃焼・排気工程を組み合わせることで、ポンピングロスを低減し、出力の増大や熱効率の向上を図る。