処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199295 - メチオニンの製造方法

公開番号 WO/2018/199295
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017212
国際出願日 27.04.2018
IPC
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
319
チオール,スルフィド,ヒドロポリスルフィドまたはポリスルフィドの製造
26
分離;精製;安定化;添加剤の使用
28
分離;精製
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
319
チオール,スルフィド,ヒドロポリスルフィドまたはポリスルフィドの製造
14
スルフィドの製造
20
スルフィド基の形成が関与しない反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
323
ハロゲン,酸素,窒素原子またはチオ基の一部でない硫黄原子で置換されたチオール,スルフィド,ヒドロポリスルフィドまたはポリスルフィド
50
チオ基と同じ炭素骨格に結合しているカルボキシル基を含有するもの
51
チオ基の硫黄原子が炭素骨格の非環式炭素原子に結合しているもの
57
炭素骨格がさらにニトロまたはニトロソ基の一部でない窒素原子で置換されているもの
58
炭素骨格に結合しているアミノ基をもつもの
C07C 319/28 (2006.01)
C07C 319/20 (2006.01)
C07C 323/58 (2006.01)
CPC
C07C 319/20
C07C 319/28
C07C 323/58
出願人
  • 住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区新川二丁目27番1号 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP
発明者
  • 佐藤 慶孝 SATOH, Yoshitaka; JP
  • 大本 宣仁 OMOTO, Norihito; JP
  • 古泉 善行 KOIZUMI, Yoshiyuki; JP
  • 山城 直也 YAMASHIRO, Naoya; JP
  • 片上 良輔 KATAGAMI, Ryousuke; JP
代理人
  • 山尾 憲人 YAMAO, Norihito; JP
  • 森本 靖 MORIMOTO, Yasushi; JP
優先権情報
2017-08775227.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING METHIONINE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE MÉTHIONINE
(JA) メチオニンの製造方法
要約
(EN)
The present invention is a method for producing methionine which includes a crystallization step in which carbon dioxide is introduced into a liquid reaction mixture containing an alkali salt of methionine and obtained by hydrolyzing 5-[2-(methylthio)ethyl]imidazolidine-2,4-dione in the presence of an alkali compound, thereby precipitating the methionine, the method for producing methionine further including a step in which waste methionine is added to the liquid reaction mixture. According to the production method of the present invention, the methionine yield in production thereof can be improved.
(FR)
La présente invention concerne un procédé de production de méthionine qui comprend une étape de cristallisation dans laquelle du dioxyde de carbone est introduit dans un mélange réactionnel liquide contenant un sel alcalin de méthionine et obtenu par hydrolyse de 5-[2-(méthylthio)éthyl] imidazolidine-2,4-dione en présence d'un composé alcalin, précipitant ainsi la méthionine, le procédé de production de méthionine comprenant en outre une étape dans laquelle de la méthionine résiduaire est ajoutée au mélange réactionnel liquide. Selon le procédé de production de la présente invention, le rendement de production de méthionine dans ledit procédé peut être amélioré.
(JA)
本願発明は、アルカリ化合物の存在下に、5-[2-(メチルチオ)エチル]イミダゾリジン-2,4-ジオンを加水分解して得られるメチオニンのアルカリ塩を含む反応液に二酸化炭素を導入することによりメチオニンを析出させる晶析工程を含むメチオニンの製造方法であって、排メチオニンを前記反応液に加える工程を含むメチオニンの製造方法である。本願発明の製造方法により、メチオニンの製造における歩留まりを向上させることができる。
他の公開
EP2018790756
国際事務局に記録されている最新の書誌情報