このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018199269) 接着剤組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/199269 国際出願番号: PCT/JP2018/017090
国際公開日: 01.11.2018 国際出願日: 26.04.2018
IPC:
C09J 153/00 (2006.01) ,C09J 4/02 (2006.01) ,C09J 4/04 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
153
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4
少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02
アクリルモノマー
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4
少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02
アクリルモノマー
04
シアノアクリレートモノマー
出願人:
東亞合成株式会社 TOAGOSEI CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区西新橋1丁目14番1号 1-14-1, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo 1058419, JP
発明者:
安藤 勝 ANDOU, Masaru; JP
安藤 裕史 ANDOU, Yuushi; JP
柴田 晃嗣 SHIBATA, Akitsugu; JP
河合 道弘 KAAI, Michihiro; JP
代理人:
特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2017-08741026.04.2017JP
発明の名称: (EN) ADHESIVE COMPOSITION
(FR) COMPOSITION ADHÉSIVE
(JA) 接着剤組成物
要約:
(EN) This adhesive composition contains: a polymerizable monomer (A); and a block copolymer (B) comprising a polymer block (a) containing a structural unit derived from a styrene compound and a structural unit derived from a maleimide compound, and an acrylic polymer block (b). The polymer block (a) has a solubility parameter of 10.0 or greater. The acrylic polymer block (b) has a solubility parameter of 9.0 or greater. The polymer block (a) comprises 30-99 mass% of the maleimide compound with respect to the total mass of the polymer block (a). The polymer block (a) has a glass transition temperature of 150°C or higher. The acrylic polymer block (b) has a glass transition temperature of 20°C or less.
(FR) La présente invention concerne une composition adhésive qui contient : un monomère polymérisable (A) ; et un copolymère séquencé (B) comprenant une séquence polymère (a) contenant un motif structural dérivé d'un composé styrène et un motif structural dérivé d'un composé maléimide, et une séquence polymère acrylique (b). La séquence polymère (a) a un paramètre de solubilité de 10,0 ou plus. La séquence polymère acrylique (b) a un paramètre de solubilité de 9,0 ou plus. La séquence polymère (a) comprend de 30 à 99 % en masse du composé maléimide par rapport à la masse totale de la séquence polymère (a). La séquence polymère (a) a une température de transition vitreuse de 150 °C ou plus. La séquence polymère acrylique (b) a une température de transition vitreuse de 20 °C ou moins.
(JA) 本発明の接着剤組成物は、重合性モノマー(A)、並びに、スチレン化合物に由来する構成単位及びマレイミド化合物に由来する構成単位を含む重合体ブロック(a)とアクリル系重合体ブロック(b)とを有するブロック共重合体(B)を含有し、前記重合体ブロック(a)の溶解性パラメータが、10.0以上であり、前記アクリル系重合体ブロック(b)の溶解性パラメータが、9.0以上であり、前記重合体ブロック(a)は、前記重合体ブロック(a)の全質量に対して、マレイミド化合物に由来する構造単位を30質量%~99質量%有し、前記重合体ブロック(a)のガラス転移温度が、150℃以上であり、前記アクリル系重合体ブロック(b)のガラス転移温度が、20℃以下である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)