処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199268 - 2-シアノアクリレート系接着剤組成物

公開番号 WO/2018/199268
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017089
国際出願日 26.04.2018
IPC
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4
少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02
アクリルモノマー
04
シアノアクリレートモノマー
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
153
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C09J 4/04 (2006.01)
C09J 153/00 (2006.01)
CPC
出願人
  • 東亞合成株式会社 TOAGOSEI CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区西新橋1丁目14番1号 1-14-1, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo 1058419, JP
発明者
  • 安藤 勝 ANDOU, Masaru; JP
  • 安藤 裕史 ANDOU, Yuushi; JP
  • 柴田 晃嗣 SHIBATA, Akitsugu; JP
  • 河合 道弘 KAAI, Michihiro; JP
代理人
  • 特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報
2017-08740926.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) 2-CYANOACRYLATE-BASED ADHESIVE COMPOSITION
(FR) COMPOSITION ADHÉSIVE À BASE DE 2-CYANOACRYLATE
(JA) 2-シアノアクリレート系接着剤組成物
要約
(EN)
This 2-cyanoacrylate adhesive composition contains a 2-cyanoacrylate-based compound (A), and a thermoplastic elastomer (B), wherein the thermoplastic elastomer (B) is a block copolymer having a block (a) and a block (b), and the glass transition temperature of the block (a) is 80°C or higher, and the glass transition temperature of the block (b) is 20°C or lower.
(FR)
Cette composition adhésive à base de 2-cyanoacrylate contient un composé à base de 2-cyanoacrylate (A) et un élastomère thermoplastique (B), l'élastomère thermoplastique (B) étant un copolymère séquencé présentant un bloc (a) et un bloc (b) et la température de transition vitreuse du bloc (a) étant de 80°C ou plus et la température de transition vitreuse du bloc (b) étant de 20°C ou moins.
(JA)
本発明の2-シアノアクリレート系接着剤組成物は、2-シアノアクリレート化合物(A)、及び、熱可塑性エラストマー(B)を含有し、前記熱可塑性エラストマー(B)が、ブロック(a)とブロック(b)とを有するブロック共重合体であり、前記ブロック(a)のガラス転移温度が、80℃以上であり、前記ブロック(b)のガラス転移温度が、20℃以下である。
他の公開
JP2019514642
国際事務局に記録されている最新の書誌情報