処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199267 - 変性共役ジエン系重合体、重合体組成物、及びゴム組成物

公開番号 WO/2018/199267
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017087
国際出願日 26.04.2018
IPC
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
36
1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1個が2個以上の炭素-炭素二重結合を含有する化合物の単独重合体または共重合体
02
不飽和脂肪族基が2個の炭素―炭素二重結合を含有する単量体
04
共役系
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
8
後処理による化学的変性
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
[IPC code unknown for C08K 3/013]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
9
共役ジエン炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物
C08F 36/04 (2006.01)
C08F 8/00 (2006.01)
C08K 3/00 (2018.01)
C08K 3/013 (2018.01)
C08L 9/00 (2006.01)
CPC
C08F 36/04
C08F 8/00
C08K 3/00
C08K 3/013
C08L 9/00
出願人
  • 旭化成株式会社 ASAHI KASEI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 1-1-2 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo 1000006, JP
発明者
  • 長谷部 公一 HASEBE, Koichi; JP
  • 鈴木 僚 SUZUKI, Ryo; JP
  • 仲二見 裕美 NAKAFUTAMI, Hiromi; JP
代理人
  • 稲葉 良幸 INABA, Yoshiyuki; JP
  • 大貫 敏史 ONUKI, Toshifumi; JP
  • 内藤 和彦 NAITO, Kazuhiko; JP
優先権情報
2017-09034228.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MODIFIED CONJUGATED DIENE POLYMER, POLYMER COMPOSITION, AND RUBBER COMPOSITION
(FR) POLYMÈRE DE DIÈNE CONJUGUÉ MODIFIÉ, COMPOSITION DE POLYMÈRE ET COMPOSITION DE CAOUTCHOUC
(JA) 変性共役ジエン系重合体、重合体組成物、及びゴム組成物
要約
(EN)
This modified conjugated diene polymer has: a weight average molecular weight of 20 × 104 to 300 × 104; a molecular weight distribution Mw/Mn of 1.6 to 4.0; and a modification ratio with respect to the total amount of conjugated diene polymer of 30 to 80 mass%. The modified conjugated diene polymer also includes 5 to 50 mass% of components having a molecular weight of 1 million to 5 million measured by GPC (Gel Permeation Chromatography), the modification ratio of the components having a molecular weight of 1 million to 5 million being 90 to 100 mass%.
(FR)
L'invention concerne un polymère de diène conjugué modifié présentant : un poids moléculaire moyen en poids de 20 × 104 à 300 × 104 ; une distribution des poids moléculaires Mw/Mn de 1,6 à 4,0 ; et un rapport de modification par rapport à la quantité totale de polymère de diène conjugué de 30 à 80 % en masse. Le polymère de diène conjugué modifié comprend également 5 à 50 % en masse de constituants présentant un poids moléculaire de 1 million à 5 millions, mesuré par CPG (chromatographie par perméation de gel), le rapport de modification des constituants présentant un poids moléculaire de 1 million à 5 millions étant de 90 à 100 % en masse.
(JA)
本発明に係る変性共役ジエン系重合体は、重量平均分子量が、20×10以上300×10以下であり、分子量分布Mw/Mnが、1.6以上、4.0以下であり、共役ジエン系重合体の総量に対する変性率が30質量%以上80質量%以下であり、GPC(ゲルパーミエーションクロマトグラフィー)における分子量が100万以上500万以下の成分が5質量%以上50質量%以下であり、前記分子量が100万以上500万以下である成分の変性率が90質量%以上100質量%以下である。
他の公開
EP2018790933
国際事務局に記録されている最新の書誌情報