処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199249 - 排気ガス浄化用触媒およびそれを用いた排気ガス浄化方法

公開番号 WO/2018/199249
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/017024
国際出願日 26.04.2018
IPC
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
63
希土類またはアクチニドと結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
B01J 23/63 (2006.01)
B01D 53/94 (2006.01)
B01J 35/04 (2006.01)
F01N 3/10 (2006.01)
F01N 3/28 (2006.01)
CPC
B01D 53/94
B01J 23/44
B01J 23/63
B01J 35/04
F01N 2370/02
F01N 2510/0682
出願人
  • ユミコア日本触媒株式会社 UMICORE SHOKUBAI JAPAN CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県常滑市りんくう町一丁目25番19号 1-25-19, Rinku-cho, Tokoname-shi, Aichi 4790882, JP
発明者
  • 久野 弘尊 KUNO, Hirotaka; JP
  • 中島 優 NAKASHIMA, Masashi; JP
  • 池上 高広 IKEGAMI, Takahiro; JP
  • 三木田 光脩 MIKITA, Kosuke; JP
  • 池田 正憲 IKEDA, Masanori; JP
  • 南 茂和 MINAMI, Shigekazu; JP
代理人
  • 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報
2017-09025328.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) EXHAUST GAS PURIFICATION CATALYST AND EXHAUST GAS PURIFICATION METHOD USING SAME
(FR) CATALYSEUR DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT ET PROCÉDÉ DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT L'UTILISANT
(JA) 排気ガス浄化用触媒およびそれを用いた排気ガス浄化方法
要約
(EN)
In order to provide an exhaust gas purification catalyst that can purify hydrocarbons, carbon monoxide, and nitrogen oxides within exhaust gas at a low temperature, in an exhaust gas purification catalyst according to the present invention, a region (2) including palladium and yttrium is provided on a three-dimensional structure (1), a first region (3) and a second region (4) are provided on this region (2) in order from a side where exhaust gas flows in toward a side where the exhaust gas flows out, and the concentration of yttrium included in the first region (3) and/or the second region (4) is higher than the concentration of yttrium included in the region (2).
(FR)
Afin de fournir un catalyseur de purification de gaz d'échappement capable de purifier des hydrocarbures, du monoxyde de carbone et des oxydes d'azote à l'intérieur d'un gaz d'échappement à basse température, la présente invention présente un catalyseur de purification de gaz d'échappement dans lequel une région (2) comprenant du palladium et de l'yttrium est disposée sur une structure tridimensionnelle (1), une première région (3) et une seconde région (4) sont disposées sur cette région (2) dans l'ordre à partir d'un côté où le gaz d'échappement pénètre vers un côté où le gaz d'échappement s'échappe, et la concentration d'yttrium incluse dans la première région (3) et/ou la seconde région (4) est supérieure à la concentration d'yttrium incluse dans la région (2).
(JA)
排気ガス中の炭化水素、一酸化炭素および窒素酸化物を低温で浄化することができる排気ガス浄化用触媒を提供するために、本発明の排気ガス浄化用触媒は、三次元構造体(1)上にパラジウムとイットリウムとを含む領域(2)が設けられ、領域(2)上であって排気ガスが流入する側から流出する側に向けて順に、第一領域(3)と第二領域(4)とが設けられ、第一領域(3)および/または第二領域(4)中に含まれるイットリウムの濃度が領域(2)に含まれるイットリウムの濃度に比べて高くなっている。
他の公開
EP2018790302
JP2019514631
国際事務局に記録されている最新の書誌情報