処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199237 - 遮熱コーティング形成方法、遮熱コーティング、及び高温部材

公開番号 WO/2018/199237
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016998
国際出願日 26.04.2018
IPC
[IPC code unknown for C23C 4/134]
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
04
被覆材料に特徴のあるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5
ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
12
ブレード
28
適切な材質の選定;腐食または侵食に対処するための手段の選定
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
R
高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3
液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
42
炎管または燃焼室の配置または形状に特徴のあるもの
C23C 4/134 (2016.01)
C23C 4/04 (2006.01)
F01D 5/28 (2006.01)
F02C 7/00 (2006.01)
F23R 3/42 (2006.01)
CPC
C23C 4/04
C23C 4/134
F01D 5/28
F01D 5/288
F02C 7/00
F23R 3/42
出願人
  • 三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 2-3, Marunouchi 3-Chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008332, JP
発明者
  • 岡嶋 芳史 OKAJIMA Yoshifumi; JP
  • 鳥越 泰治 TORIGOE Taiji; JP
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
  • 伊藤 英輔 ITO Eisuke; JP
  • 橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki; JP
  • 古都 智 FURUICHI Satoshi; JP
  • 鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro; JP
  • 長谷川 太一 HASEGAWA Taichi; JP
優先権情報
2017-08747126.04.2017JP
2017-08747226.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) THERMAL BARRIER COATING FORMATION METHOD, THERMAL BARRIER COATING, AND HIGH-TEMPERATURE MEMBER
(FR) PROCÉDÉ DE FORMATION DE REVÊTEMENT DE PROTECTION THERMIQUE, REVÊTEMENT DE PROTECTION THERMIQUE ET ÉLÉMENT À HAUTE TEMPÉRATURE
(JA) 遮熱コーティング形成方法、遮熱コーティング、及び高温部材
要約
(EN)
The thermal barrier coating is provided with a ceramic layer (120) formed on a heat-resistant alloy substrate and containing ceramic substance. The ceramic layer (120) has: a first dense layer (121); an intermediate porous layer (122) laminated on the first dense layer (121), having a higher density than the first dense layer (121), and in which many pores are formed; and a second dense layer (123) laminated on the intermediate porous layer (122) and having a lower density than the intermediate porous layer (122).
(FR)
L'invention concerne un revêtement de protection thermique pourvu d'une couche de céramique (120) formée sur un substrat d'alliage résistant à la chaleur et contenant une substance en céramique. La couche de céramique (120) comprend : une première couche dense (121); une couche poreuse intermédiaire (122), stratifiée sur la première couche dense (121), et ayant une densité supérieure à celle de la première couche dense (121) et dans laquelle sont formés de nombreux pores; et une seconde couche dense (123) stratifiée sur la couche poreuse intermédiaire (122) et ayant une densité inférieure à celle de la couche poreuse intermédiaire (122).
(JA)
遮熱コーティングは、耐熱合金基材上に形成され、セラミックを含むセラミック層(120)を備える。セラミック層(120)は、第一緻密層(121)と、第一緻密層(121)上に積層され、第一緻密層(121)よりも密度が大きく多数の気孔が形成された中間気孔層(122)と、中間気孔層(122)上に積層され、中間気孔層(122)よりも密度が小さい第二緻密層(123)とを有する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報