処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199232 - 球面滑り軸受およびその製造方法

公開番号 WO/2018/199232
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016991
国際出願日 26.04.2018
IPC
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
23
専ら回転運動のための、調心または位置調節のできる軸受
02
すべり軸受
04
自己調節のできるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17
専ら回転運動のためのすべり軸受
10
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
02
すべり軸受の部品
04
軸受金;ブッシュ;ライニング
06
おもに金属で作られたすべり面
14
特別な製造方法;なじみ運転
F16C 23/04 (2006.01)
F16C 17/10 (2006.01)
F16C 33/14 (2006.01)
CPC
F16C 17/10
F16C 23/04
F16C 33/14
出願人
  • NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者
  • 落合 ゆりえ OCHIAI Yurie; JP
代理人
  • 鎌田 直也 KAMADA Naoya; JP
  • 鎌田 文二 KAMADA Bunji; JP
  • 中谷 弥一郎 NAKATANI Yaichiro; JP
優先権情報
2017-08918228.04.2017JP
2018-07950718.04.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SPHERICAL SLIDING BEARING AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) PALIER LISSE SPHÉRIQUE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 球面滑り軸受およびその製造方法
要約
(EN)
Provided is a spherical sliding bearing configured so that the yield of a material can be improved. This spherical slide bearing comprises a combination of: an inner ring (1) having a spherical sliding surface (2) on the outer periphery thereof; and an outer ring (3) having an inner peripheral surface (4) in sliding contact with the sliding surface (2) of the inner ring (1). The outer ring (3) is formed from a circular-cylindrically formed band-shaped metallic plate. The metallic plate has on one side thereof a recessed surface, the cross-sectional shape of which in a width direction being a circular arc, and the one side serves as the inner peripheral surface (4) of the outer ring (3).
(FR)
La présente invention concerne un palier lisse sphérique conçu de telle sorte que le rendement d'un matériau peut être amélioré. Ce palier lisse sphérique comprend une combinaison : d'une bague intérieure (1) ayant une surface de glissement sphérique (2) sur sa périphérie externe ; et d'une bague extérieure (3) ayant une surface périphérique interne (4) en contact coulissant avec la surface de glissement (2) de la bague intérieure (1). La bague extérieure (3) est constituée d'une plaque métallique en forme de bande de forme cylindrique circulaire. La plaque métallique présente sur un de ses côtés une surface évidée, dont la forme en coupe transversale dans une direction de largeur est un arc circulaire, et ce côté sert de surface périphérique interne (4) de la bague extérieure (3).
(JA)
材料の歩留りの向上を図ることができる球面滑り軸受を提供する。外周に球面の摺動面(2)を有する内輪(1)と、内輪(1)の摺動面(2)に摺接する内周面(4)を有する外輪(3)との組み合わせからなり、外輪(3)は、円筒状に形成される帯状の金属板からなり、その金属板は、一方の表面に幅方向の断面形状が円弧となる凹面を有するものであり、その一方の表面を外輪(3)の内周面(4)としたものである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報