処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199214 - 薬物動態が改善された血液凝固第IX因子

公開番号 WO/2018/199214
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016932
国際出願日 26.04.2018
IPC
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
17
動物由来;ヒト由来
36
血液凝固または繊維素溶解因子
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
39
抗原または抗体を含有する医薬品製剤
395
抗体;免疫グロブリン;免疫血清,例.抗リンパ球血清
[IPC code unknown for A61K 47/68]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
7
血液または細胞外液の疾患の治療薬
04
抗出血剤;凝血促進剤;止血剤;繊維素溶解阻害剤
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
745
血液凝固因子または繊維素溶解因子
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
18
動物またはヒトからの物質に対するもの
36
血液凝固因子に対するもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
C12N 15/12 (2006.01)
A61K 38/36 (2006.01)
A61K 39/395 (2006.01)
A61K 47/68 (2017.01)
A61P 7/04 (2006.01)
C07K 14/745 (2006.01)
CPC
A61K 38/36
A61K 39/395
A61K 47/68
A61P 7/04
C07K 14/745
C07K 16/36
出願人
  • 中外製薬株式会社 CHUGAI SEIYAKU KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都北区浮間5丁目5番1号 5-1, Ukima 5-chome, Kita-ku, Tokyo 1158543, JP
発明者
  • 井川 智之 IGAWA, Tomoyuki; JP
  • 舩木 美歩 FUNAKI, Miho; JP
  • 宮下 紘幸 MIYASHITA, Hiroyuki; JP
代理人
  • 春名 雅夫 HARUNA, Masao; JP
  • 清水 初志 SHIMIZU, Hatsushi; JP
  • 山口 裕孝 YAMAGUCHI, Hirotaka; JP
  • 刑部 俊 OSAKABE, Suguru; JP
  • 井上 隆一 INOUE, Ryuichi; JP
  • 佐藤 利光 SATO, Toshimitsu; JP
  • 新見 浩一 SHIMMI, Hirokazu; JP
  • 小林 智彦 KOBAYASHI, Tomohiko; JP
  • 小寺 秀紀 KODERA, Hideki; JP
  • 大関 雅人 OHZEKI, Masato; JP
  • 五十嵐 義弘 IGARASHI, Yoshihiro; JP
  • 川本 和弥 KAWAMOTO, Kazuya; JP
優先権情報
2017-08867027.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COAGULATION FACTOR IX WITH IMPROVED PHARMACOKINETICS
(FR) FACTEUR DE COAGULATION IX PRÉSENTANT UNE PHARMACOCINÉTIQUE AMÉLIORÉE
(JA) 薬物動態が改善された血液凝固第IX因子
要約
(EN)
The present invention provides a method for improving or controlling the plasma half-life and/or bioavailability of coagulation factor IX (FIX), the method being characterized by modifying the GLA domain. Examples of such modification include: (i) non-covalent bonding of a GLA-domain-recognizing antibody or an antibody fragment thereof to the GLA domain; (ii) a reduced number of Gla residues in the GLA domain compared to native FIX; (iii) deleting one or more glutamic acid group in the GLA domain and/or substituting the same with another amino acid; and (iv) deleting part or all of the GLA domain. The present invention also provides FIX with improved pharmacokinetics comprising such modifications, a pharmaceutical composition containing said FIX as an active ingredient, a method for producing said FIX, and so forth.
(FR)
La présente invention concerne un procédé d'amélioration ou de régulation de la demi-vie plasmatique et/ou de la biodisponibilité du facteur de coagulation IX (FIX), le procédé étant caractérisé par la modification du domaine GLA. Des exemples d'une telle modification comprennent : (i) la liaison non covalente d'un anticorps reconnaissant le domaine GLA ou d'un fragment d'anticorps de celui-ci au domaine GLA ; (ii) un nombre réduit de résidus Gla dans le domaine GLA par comparaison avec le FIX natif ; (iii) la suppression d'un ou plusieurs groupes d'acide glutamique dans le domaine GLA et/ou leur remplacement par un autre acide aminé ; et (iv) la suppression d'une partie ou de la totalité du domaine GLA. La présente invention concerne également un FIX présentant une pharmacocinétique améliorée comprenant de telles modifications, une composition pharmaceutique contenant ledit FIX en tant que principe actif, un procédé de production dudit FIX, etc.
(JA)
本発明は、GLAドメインを修飾することを特徴とする、血液凝固第IX因子(FIX)の血漿中半減期および/またはバイオアベイラビリティを改善または制御する方法を提供する。そのような修飾としては、(i)GLAドメインを認識する抗体又はその抗体断片のGLAドメインへの非共有結合、(ii)天然型と比較した、GLAドメインにおけるGla残基数の減少、(iii)GLAドメインにおける一以上のグルタミン酸残基の欠損および他のアミノ酸への置換のいずれか、または両方、あるいは(iv)GLAドメインの一部又は全部の欠損、が挙げられる。本発明は、そのような修飾を有する、薬物動態が改善されたFIX、当該FIXを有効成分として含有する医薬組成物、当該FIXの製造方法等も提供する。
他の公開
EP2018791384
JP2019514607
国際事務局に記録されている最新の書誌情報