処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199205 - 水棲動物用飼料

公開番号 WO/2018/199205
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016909
国際出願日 26.04.2018
IPC
[IPC code unknown for A23K 50/80]
[IPC code unknown for A23K 20/153]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7042
糖類基と複素環とを持つ化合物
7052
環構成異種原子として窒素を持つもの,例.ヌクレオシド,ヌクレオチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
7105
天然のリボ核酸,すなわちアデニン,グアニン,シトシンまたはウラシルに結合したリボースのみを含み,3’-5’ホスホジエステル結合を持つもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02
免疫調節剤
04
免疫刺激剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
A23K 50/80 (2016.01)
A23K 20/153 (2016.01)
A61K 31/7052 (2006.01)
A61K 31/7105 (2006.01)
A61P 37/04 (2006.01)
A61P 43/00 (2006.01)
CPC
A23K 20/153
A23K 50/80
A61K 31/7052
A61K 31/7105
A61P 37/04
A61P 43/00
出願人
  • 国立大学法人高知大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOCHI UNIVERSITY [JP/JP]; 高知県高知市曙町二丁目5番1号 5-1, Akebono-cho 2-chome, Kochi-shi, Kochi 7808520, JP
  • 日本製紙株式会社 NIPPON PAPER INDUSTRIES CO., LTD. [JP/JP]; 東京都北区王子1丁目4番1号 4-1, Oji 1-chome, Kita-ku, Tokyo 1140002, JP
発明者
  • 大島 俊一郎 OSHIMA Shunichiro; JP
  • 久保田 賢 KUBOTA Satoshi; JP
  • 山根 仁 YAMANE Jin; JP
  • 佐藤 奈々子 SATO Nanako; JP
  • 西川 麻衣子 NISHIKAWA Maiko; JP
  • 中村 恭之 NAKAMURA Yasuyuki; JP
  • 大村 知伸 OMURA Tomonobu; JP
  • 山口 信也 YAMAGUCHI Shinya; JP
  • 松田 学 MATSUDA Manabu; JP
  • 橋本 唯史 HASHIMOTO Tadafumi; JP
代理人
  • 寺崎 直 TERASAKI Tadashi; JP
優先権情報
2017-08926928.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FEED FOR AQUATIC ANIMALS
(FR) ALIMENT POUR ANIMAUX AQUATIQUES
(JA) 水棲動物用飼料
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a feed which contributes to the improvement of the growth of aquatic animals. The present invention also addresses the problem of providing a feed by which the onset of disease injury can be suppressed during rearing or culturing aquatic animals. A feed comprising a nucleic acid such as RNA is prepared and fed for various purposes, for example, increasing feed intake, increasing feed conversion efficiency and improving biophylactic function.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un aliment qui contribue à l'amélioration de la croissance d'animaux aquatiques. La présente invention aborde également le problème de la fourniture d'un aliment grâce auquel l'apparition d'une lésion due à une maladie peut être supprimée pendant l'élevage ou la culture d'animaux aquatiques. Un aliment comprenant un acide nucléique tel qu'un ARN est préparé et donné en tant qu'aliment à diverses fins, par exemple, pour augmenter l'absorption des aliments, accroître la capacité de transformation des aliments et améliorer la fonction bioprophylactique.
(JA)
水棲動物の生育向上に寄与する飼料を提供することを課題とする。また、水棲動物の飼育または養殖における病害発生を抑制しうる飼料を提供することを課題とする。 RNAなどの核酸を配合した飼料とし、例えば、摂餌性増進用、飼料転換効率増進用、生体防御能増進用などの用途に応じて給餌する。
他の公開
JP2019514598
国際事務局に記録されている最新の書誌情報