処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199203 - 多官能アクリレートの製造方法

公開番号 WO/2018/199203
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016906
国際出願日 26.04.2018
IPC
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
48
分離;精製;安定化;添加剤の使用
52
物理状態の変化によるもの,例.結晶化
54
蒸留によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
03
エステル基と水酸基との反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
52
エステル化されているカルボキシル基が非環式炭素原子に結合している非環式不飽和カルボン酸のエステル
533
炭素―炭素二重結合を1個もつ一塩基酸のエステル
54
アクリル酸エステル;メタクリル酸エステル
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C07C 67/54 (2006.01)
C07C 67/03 (2006.01)
C07C 69/54 (2006.01)
C07B 61/00 (2006.01)
CPC
C07B 61/00
C07C 67/03
C07C 67/54
C07C 69/54
出願人
  • 大阪有機化学工業株式会社 OSAKA ORGANIC CHEMICAL INDUSTRY LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区安土町1丁目7番20号 7-20, Azuchi-machi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410052, JP
発明者
  • 伊東 啓祐 ITO, Keisuke; JP
  • 松本 繁章 MATSUMOTO, Shigeaki; JP
  • 重松 敬太 SHIGEMATSU, Keita; JP
代理人
  • 高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
  • 鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報
2017-08763726.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING POLYFUNCTIONAL ACRYLATE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ACRYLATE POLYFONCTIONNEL
(JA) 多官能アクリレートの製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a method for producing a polyfunctional acrylate having a reduced tin content, the method including adding an acid to a mixture containing an organic tin compound and a polyfunctional acrylate, and then distilling the mixture containing the acid.
(FR)
La présente invention concerne un procédé de production d'un acrylate polyfonctionnel ayant une teneur réduite en étain, le procédé comprenant l'ajout d'un acide à un mélange contenant un composé organique d'étain et un acrylate polyfonctionnel, puis la distillation du mélange contenant l'acide.
(JA)
本発明は、有機スズ化合物および多官能アクリレートを含有する混合物に酸を添加した後、酸を含有する混合物を蒸留することを含む、スズ含量が低減された多官能アクリレートの製造方法を提供する。
他の公開
EP2018789835
国際事務局に記録されている最新の書誌情報