処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199182 - 光輝性顔料、顔料含有組成物、及び顔料含有塗装体

公開番号 WO/2018/199182
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016858
国際出願日 25.04.2018
IPC
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
1
繊維性充てん剤以外の特定の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
1
繊維性充てん剤以外の特定の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
28
けい素化合物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
3
顔料性または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の一般的処理
06
無機化合物による処理
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
3
顔料性または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の一般的処理
08
低分子有機化合物による処理
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
29
多色効果を与えるもの
[IPC code unknown for C09D 7/62]
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
201
不特定の高分子化合物に基づくコーティング組成物
C09C 1/00 (2006.01)
B32B 27/18 (2006.01)
C09C 1/28 (2006.01)
C09C 3/06 (2006.01)
C09C 3/08 (2006.01)
C09D 5/29 (2006.01)
CPC
B32B 27/18
C09C 1/00
C09C 1/28
C09C 3/06
C09C 3/08
C09D 201/00
出願人
  • 日本板硝子株式会社 NIPPON SHEET GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都港区三田三丁目5番27号 5-27, Mita 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1086321, JP
発明者
  • 堀口 治子 HORIGUCHI Haruko; JP
代理人
  • 鎌田 耕一 KAMADA Koichi; JP
優先権情報
2017-08962528.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LUSTROUS PIGMENT, PIGMENT-CONTAINING COMPOSITION, AND PIGMENT-CONTAINING COATED ARTICLE
(FR) PIGMENT À REFLETS LUSTRÉS, COMPOSITION CONTENANT LE PIGMENT, ET ARTICLE REVÊTU CONTENANT LE PIGMENT
(JA) 光輝性顔料、顔料含有組成物、及び顔料含有塗装体
要約
(EN)
The present invention provides a lustrous pigment that is suited to suppressing unnaturalness arising from changes in reflected light owing to the observation angle while imparting high luminance to reflected light in the specular reflection direction. A lustrous pigment according to the present invention comprises a flake-form base, an optical interference film formed on the surface of the base, and light scattering fine particles attached to the film, and reflected light is displayed by a L*C*h color system and displayed using an L* (15) exceeding 100, a ΔL* (h-s) of less than 30 and a Δh (h-s) of less than 40°. L* (15) is the L* value of light reflected in a 15° direction based on an angle display in which the specular reflection direction is 0° once a light source has been disposed so that an incidence angle of 45° will be achieved, and the light incidence direction is positive. The ΔL* (h-s) and the Δh (h-s) are differences in the L* and the h of the respective highlights and shades, where h is the difference in the angle in the angle display. The highlight is the average of the values measured at 15° and 25° and the shade is the average of the values measured at 75° and 110°.
(FR)
La présente invention concerne un pigment à reflets lustrés qui est approprié pour supprimer le caractère non naturel résultant de changements de la lumière réfléchie en raison de l'angle d'observation tout en conférant une luminance élevée à la lumière réfléchie dans la direction de réflexion spéculaire. Un pigment à reflets lustrés selon la présente invention comprend une base en forme de flocon, un film d'interférence optique formé sur la surface de la base, et des particules fines de diffusion de lumière fixées au film, et la lumière réfléchie est affichée par un système de couleur L*C*h et affichée à l'aide d'un L* (15) dépassant 100, un ΔL* (h-s) inférieur à 30 et un Δh (h-s) inférieur à 40°. L* (15) est la valeur L* de la lumière réfléchie dans une direction de 15° sur la base d'un affichage d'angle dans lequel la direction de réflexion spéculaire est de 0° une fois qu'une source de lumière a été disposée de telle sorte qu'un angle d'incidence de 45° est atteint, et la direction d'incidence de lumière est positive. Les ΔL* (h-s) et Δh (h-s) sont des différences dans les L* et les h de la haute lumière et des teintes respectives, h étant la différence de l'angle dans l'affichage d'angle. La haute lumière est la moyenne des valeurs mesurées à 15° et 25° et la teinte est la moyenne des valeurs mesurées à 75° et 110°.
(JA)
本発明は、正反射方向への反射光に高い輝度を与えつつ、観察する角度による反射光の変化による不自然さを抑制することに適した光揮性顔料を提供する。本発明による光揮性顔料は、フレーク状基体と、その表面に形成された光干渉膜と、その膜に付着した光散乱微粒子とを備え、反射光が、L**h表色系により表示して、100を超えるL*(15)、30未満のΔL*(h-s)、及び40°未満のΔh(h-s)により表示される。L*(15)は、入射角45°となるように光源を配置した状態で正反射方向を0°、光入射方向を正とした角度表示に基づいて15°方向への反射光のL*である。ΔL*(h-s)及びΔh(h-s)は、それぞれハイライトとシェードとのL*及びhの差分である。ただし、hは角度表示における角度の相違である。ハイライトは15°と25°との測定値の平均、シェードは75°と110°との測定値の平均である。
他の公開
EP2018791804
国際事務局に記録されている最新の書誌情報