処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199178 - 複層ガラスの製造方法及び複層ガラス

公開番号 WO/2018/199178
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016849
国際出願日 25.04.2018
IPC
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
5
一般的接着方法;他の分類に規定されない接着方法,例.下塗りに関連するもの
06
適用接着剤の加熱を含むもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
06
ポリエステルからのもの
C03C 27/06 (2006.01)
C09J 5/06 (2006.01)
C09J 175/04 (2006.01)
C09J 175/06 (2006.01)
CPC
C03C 27/06
C09J 175/04
C09J 175/06
C09J 5/06
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者
  • 藤井 友理 FUJII, Yuri; JP
  • 澁谷 崇 SHIBUYA, Takashi; JP
  • 菊地 哲 KIKUCHI, Satoshi; JP
  • 長江 政志 NAGAE, Masashi; JP
代理人
  • 伊東 忠重 ITOH, Tadashige; JP
  • 伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko; JP
優先権情報
2017-09061028.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MULTI-LAYERED GLASS MANUFACTURING METHOD AND MULTI-LAYERED GLASS
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE VERRE MULTICOUCHES ET VERRE MULTICOUCHES
(JA) 複層ガラスの製造方法及び複層ガラス
要約
(EN)
Provided is a multi-layered glass manufacturing method in which a plurality of glass plates are disposed facing each other with a spacer therebetween and a hollow layer is formed between the glass plates, the method including: a step for applying an adhesive on at least one of the plurality of glass plates; and a step for adhering the spacer to the glass plates at a temperature of 50-160°C, wherein the spacer is formed of a thermoplastic resin material containing butyl-based rubber.
(FR)
L'invention concerne un procédé de fabrication de verre multicouches dans lequel une pluralité de plaques de verre sont disposées les unes en regard des autres avec un espaceur entre elles et une couche vide est formée entre les plaques de verre, le procédé comprenant : une étape consistant à appliquer un adhésif sur au moins l'une de la pluralité de plaques de verre ; et une étape consistant à coller l'espaceur sur les plaques de verre à une température de 50 à 160°C, l'espaceur étant constitué d'un matériau en résine thermoplastique contenant du caoutchouc à base de butyle.
(JA)
複数枚のガラス板がスペーサーを介して対向配置され、前記ガラス板間に中空層が形成されてなる複層ガラスの製造方法であって、 前記複数枚のガラス板の少なくとも1枚に接着剤を塗布する工程と、 前記スペーサーを50℃以上160℃以下の温度で前記ガラス板に接着させる工程と、を有し、 前記スペーサーは、ブチル系ゴムを含む熱可塑性樹脂材料から形成されてなる。
他の公開
EP2018789832
JP2019514584
国際事務局に記録されている最新の書誌情報