国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018199161) 熱可塑性樹脂多層フィルムとその製造方法および積層体

Pub. No.:    WO/2018/199161    International Application No.:    PCT/JP2018/016790
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu Apr 26 01:59:59 CEST 2018
IPC: B32B 27/18
B29C 47/06
B29C 47/88
B32B 27/00
B32B 37/08
C08K 5/00
C08L 33/06
B29L 7/00
B29L 9/00
Applicants: KURARAY CO., LTD.
株式会社クラレ
Inventors: IGUCHI, Toshiyuki
井口 利之
Title: 熱可塑性樹脂多層フィルムとその製造方法および積層体
Abstract:
耐光性に優れ、かつブリードアウトや生産時のロール汚れを抑制する熱可塑性樹脂多層フィルムと製造方法を提供すること。 本発明の熱可塑性樹脂多層フィルムは、アクリル系多層構造重合体粒子(A)を含む熱可塑性樹脂(R1)により構成される2つの最表面層(11および13)と、アクリル系多層構造重合体粒子(A)を含む熱可塑性樹脂(R2)により構成され、2つの最表面層の間で積層される中間層(12)とを備える熱可塑性樹脂多層フィルムであり、熱可塑性樹脂(R1)は、熱可塑性樹脂100質量部に対して2.0質量部以上4.0質量部以下の紫外線吸収剤を含み、熱可塑性樹脂(R2)は酸化防止剤及び光安定剤の少なくとも一方を含み、酸化防止剤の含有量と光安定剤の含有量の合計が熱可塑性樹脂(R2)の100質量部に対して0.2質量部以上であり、最表面層(11および13)の少なくとも一方の表面粗さRaが0.025μm以下である。