国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018199158) ビニル化合物の懸濁重合用分散安定剤及びその製造方法、並びにビニル系樹脂の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/199158    International Application No.:    PCT/JP2018/016786
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu Apr 26 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08F 2/20
Applicants: KURARAY CO., LTD.
株式会社クラレ
Inventors: FUKUHARA Tadahito
福原 忠仁
Title: ビニル化合物の懸濁重合用分散安定剤及びその製造方法、並びにビニル系樹脂の製造方法
Abstract:
本発明は、使用量を少なくした場合でも重合安定性に優れ、使用量の増減に対する重合結果の変化が小さく重合再現性に優れた、ビニル化合物の懸濁重合用分散安定剤及びその製造方法、並びに可塑剤吸収性に優れるビニル系樹脂の製造方法を提供する。本発明は、粘度平均重合度が500を超え1000未満であり、けん化度が67モル%を超え77モル%未満であるビニルアルコール系重合体(A)、及び粘度平均重合度が500未満であり、けん化度が60モル%を超え72モル%未満であるビニルアルコール系重合体(B)を含有し、質量比(A)/(B)が70/30~97/3である、ビニル化合物の懸濁重合用分散安定剤に関する。