処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199147 - アミド化合物の製造方法

公開番号 WO/2018/199147
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016767
国際出願日 25.04.2018
IPC
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
231
カルボン酸アミドの製造
02
アンモニアまたはアミンとの反応によるカルボン酸そのエステル,無水物またはハロゲン化物からの製造
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
237
酸部分の炭素骨格がさらにアミノ基で置換されているカルボン酸アミド
02
カルボン酸アミド基の炭素原子が炭素骨格の非環式炭素原子に結合しているもの
04
炭素骨格が非環式で飽和のもの
12
少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がカルボキシル基で置換された炭化水素基の非環式炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
269
カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバマート基の形成の関与しない反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
10
カルバマート基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
22
カルボキシル基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C07C 231/02 (2006.01)
C07C 237/12 (2006.01)
C07C 269/06 (2006.01)
C07C 271/22 (2006.01)
C07B 61/00 (2006.01)
CPC
C07B 61/00
C07C 231/02
C07C 237/12
C07C 269/06
C07C 271/22
出願人
  • 学校法人中部大学 CHUBU UNIVERSITY EDUCATIONAL FOUNDATION [JP/JP]; 愛知県春日井市松本町1200 1200, Matsumoto-cho, Kasugai-shi, Aichi 4878501, JP
発明者
  • 山本 尚 YAMAMOTO, Hisashi; JP
  • 村松 渉 MURAMATSU, Wataru; JP
  • 服部 倫弘 HATTORI, Tomohiro; JP
  • 下田 康嗣 SHIMODA, Yasushi; JP
代理人
  • 青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
  • 三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji; JP
  • 渡辺 陽一 WATANABE, Yoichi; 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所 SEIWA PATENT & LAW, Toranomon 37 Mori Bldg., 5-1, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1058423, JP
  • 中島 勝 NAKAJIMA, Masaru; 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所 SEIWA PATENT & LAW, Toranomon 37 Mori Bldg., 5-1, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1058423, JP
  • 武居 良太郎 TAKEI, Ryotaro; 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所 SEIWA PATENT & LAW, Toranomon 37 Mori Bldg., 5-1, Toranomon 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1058423, JP
優先権情報
2017-08627025.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING AMIDE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ AMIDE
(JA) アミド化合物の製造方法
要約
(EN)
Provided is a novel method for producing amide compounds at high stereochemical selectivities. The method according to the present invention for producing amide compounds is provided with an amidation step for reacting, in the presence of a catalyst comprising a metal compound, an amino compound with an aminoester compound represented by general formula (1) to amidate the ester group in the aminoester compound.
(FR)
L'invention concerne un nouveau procédé de production de composés amide à hautes sélectivités stéréochimiques. Le procédé de la présente invention pour la production de composés amides consiste en une étape d'amidation pour faire réagir, en présence d'un catalyseur comprenant un composé métallique, un composé amino avec un composé aminoester représenté par la formule générale (1) pour amider le groupe ester dans le composé aminoester.
(JA)
高立体化学選択的にアミド化合物を製造する新規な方法を提供する。 本発明のアミド化合物の製造方法は、金属化合物からなる触媒の存在下に、下記一般式(1)で表されるアミノエステル化合物と、アミノ化合物とを反応させて、前記アミノエステル化合物のエステル基をアミド化するアミド化工程を備える。
他の公開
EP2018789973
JP2019514568
国際事務局に記録されている最新の書誌情報