処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199141 - ポリビニルアルコール系フィルム、偏光膜および偏光板、ならびにポリビニルアルコール系フィルムの製造方法

公開番号 WO/2018/199141
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016754
国際出願日 25.04.2018
IPC
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
30
偏光要素
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02
板またはシートの
04
一軸延伸,例.斜め方向の
06
供給方向に平行なもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02
板またはシートの
04
一軸延伸,例.斜め方向の
08
供給方向に直角なもの
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1335
セルと光学部材,例.偏光子,反射鏡,の構造的組合せ
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
29
ポリビニルアルコール,ポリビニルエーテル,ポリビニルアルデヒド,ポリビニルケトンまたはポリビニルケタールを成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
11
光学部品,例.レンズ,プリズム
G02B 5/30 (2006.01)
B29C 55/06 (2006.01)
B29C 55/08 (2006.01)
G02F 1/1335 (2006.01)
B29K 29/00 (2006.01)
B29L 7/00 (2006.01)
CPC
B29C 55/06
B29C 55/08
G02B 5/30
G02F 1/1335
出願人
  • 三菱ケミカル株式会社 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目1番1号 1-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008251, JP
発明者
  • 清水 俊宏 SHIMIZU Toshihiro; JP
  • 北村 秀一 KITAMURA Shuichi; JP
  • 寺本 裕一 TERAMOTO Yuuichi; JP
代理人
  • 西藤 征彦 SAITOH Yukihiko; JP
  • 井▲崎▼ 愛佳 IZAKI Aika; JP
  • 西藤 優子 SAITO Yuko; JP
優先権情報
2017-08684626.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLYVINYL ALCOHOL FILM, POLARIZING FILM AND POLARIZING PLATE, AND POLYVINYL ALCOHOL FILM PRODUCTION METHOD
(FR) FILM D'ALCOOL POLYVINYLIQUE, FILM POLARISANT ET PLAQUE POLARISANTE, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM D'ALCOOL POLYVINYLIQUE
(JA) ポリビニルアルコール系フィルム、偏光膜および偏光板、ならびにポリビニルアルコール系フィルムの製造方法
要約
(EN)
A polyvinyl alcohol film which has an excellent balance of swelling properties and stretching properties during polarizing film manufacture, does not result in rupture during thin polarizing film production, and enables a polarizing film to be obtained that exhibits high polarization performance and has few color irregularities, a polarizing film and polarizing plate using said polyvinyl alcohol film, and a polyvinyl alcohol film production method are provided. This polyvinyl alcohol film is elongate and no more than 40 μm thick, and is characterized in that, when immersed in 30°C water for 5 minutes, the swelling (SA), the width-direction swelling (SX), the length-direction swelling (SY), and the swelling (SB) during uniaxial stretch in which the stretch ratio triples at a stretch speed of 0.12 m/min in 30°C water satisfy formulas (1) to (3) below. (1)... 190% ≤ SA ≤ 230% (2)... 220% ≤ SB ≤ 310% (3)... 1.01 ≤ SY / SX ≤ 1.20
(FR)
L'invention concerne un film d'alcool polyvinylique présentant un excellent équilibre des propriétés de gonflement et des propriétés d'étirement pendant la fabrication de film polarisant n'entraînant pas de rupture pendant la production de film polarisant mince, et permettant d'obtenir un film polarisant qui présente une performance de polarisation élevée et présentant peu d'irrégularités de couleur, un film polarisant et une plaque polarisante mettant en œuvre ledit film d'alcool polyvinylique, et un procédé de production de film d'alcool polyvinylique. Ce film d'alcool polyvinylique est allongé et d'une épaisseur inférieure ou égale à 40 µm, et est caractérisé en ce que, lorsqu'il est immergé dans de l'eau à 30 °C pendant 5 minutes, le gonflement (SA), le gonflement dans la direction de la largeur (SX), le gonflement dans la direction de la longueur (SY) et le gonflement (SB) pendant l'étirement uniaxial dans lequel le rapport d'étirement triple à une vitesse d'étirement de 0,12 m/min dans de l'eau à 30 °C satisfont aux formules (1) à (3) ci-dessous. (1)... 190 % ≤ SA ≤ 230 % (2)... 220 % ≤ SB ≤ 310 % (3)... 1,01 ≤ SY / SX ≤ 1,20
(JA)
偏光膜製造時の膨潤性と延伸性とのバランスによく優れ、薄型偏光膜の製造時にも破断が生じず、高い偏光性能を示しかつ色ムラの少ない偏光膜を得られることができるポリビニルアルコール系フィルム、そのポリビニルアルコール系フィルムを用いた偏光膜および偏光板、ならびに上記ポリビニルアルコール系フィルムを提供する。本発明のポリビニルアルコール系フィルムは、厚みが40μm以下の長尺のポリビニルアルコール系フィルムであって、30℃の水中に5分間浸漬させたときの、膨潤度(SA)、幅方向の膨潤度(SX)、長さ方向の膨潤度(SY)、30℃の水中で0.12m/分の延伸速度で延伸倍率が3倍になるように一軸延伸したときの膨潤度(SB)が下記式(1)~(3)を満足することを特徴とする。 190%≦SA≦230%・・・(1) 220%≦SB≦310%・・・(2) 1.01≦SY/SX≦1.20・・・(3)
他の公開
JP2018521666
国際事務局に記録されている最新の書誌情報