国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018199127) 変性ポリアリレート樹脂

Pub. No.:    WO/2018/199127    International Application No.:    PCT/JP2018/016715
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu Apr 26 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08G 63/91
B32B 5/28
B32B 27/36
C08G 59/06
C08G 63/199
C08G 63/60
C08J 5/24
C09D 133/14
Applicants: UNITIKA LTD.
ユニチカ株式会社
NIPPON ESTER CO., LTD.
日本エステル株式会社
Inventors: MURAKAMI, Takatoshi
村上 隆俊
ASAI, Fumio
浅井 文雄
Title: 変性ポリアリレート樹脂
Abstract:
本発明は、耐熱性に十分に優れた硬化物を形成できる、硬化反応性に優れたポリアリレート樹脂を提供する。本発明は、ポリアリレート樹脂の末端の一部または全部に、不飽和基および/またはエポキシ基を含有する変性ポリアリレート樹脂であって、前記ポリアリレート樹脂が、二価フェノール成分および芳香族ジカルボン酸成分を含有し、前記二価フェノール成分が一般式(1)で示される脂環式二価フェノールを含有し、不飽和基および/またはエポキシ基濃度が、100eq/トン以上である変性ポリアリレート樹脂に関する。[式(1)中、R1、R2、R3およびR4は水素原子、炭素原子数1~12の炭化水素基またはハロゲン原子を表す;R5およびR6は水素原子または炭素原子数1~4の炭化水素基を表す;mは4~12の整数を表す;Xは飽和脂肪族炭化水素環を形成する炭素原子を表す]