処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018199121 - 炎症性腸疾患の予防又は治療剤

公開番号 WO/2018/199121
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/016686
国際出願日 24.04.2018
IPC
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
7105
天然のリボ核酸,すなわちアデニン,グアニン,シトシンまたはウラシルに結合したリボースのみを含み,3’-5’ホスホジエステル結合を持つもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
10
分散剤;乳剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
14
粒状剤,例.散剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
02
無機物質
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
04
潰瘍,胃炎,食道炎の薬,例.制酸剤,酸分泌抑制剤,粘膜保護剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
A61K 31/7105 (2006.01)
A61K 9/10 (2006.01)
A61K 9/14 (2006.01)
A61K 47/02 (2006.01)
A61P 1/04 (2006.01)
A61P 43/00 (2006.01)
CPC
A61K 31/7105
A61K 47/02
A61K 9/10
A61K 9/14
A61P 1/04
A61P 43/00
出願人
  • 山本 浩文 YAMAMOTO, Hirofumi [JP/JP]; JP
  • 森 正樹 MORI, Masaki [JP/JP]; JP
発明者
  • 山本 浩文 YAMAMOTO, Hirofumi; JP
  • 森 正樹 MORI, Masaki; JP
代理人
  • 田中 順也 TANAKA, Junya; JP
  • 水谷 馨也 MIZUTANI, Keiya; JP
優先権情報
2017-08531824.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PROPHYLACTIC OR THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATORY BOWEL DISEASE
(FR) AGENT PROPHYLACTIQUE OU THÉRAPEUTIQUE CONTRE DES MALADIES INFLAMMATOIRES CHRONIQUES DE L’INTESTIN
(JA) 炎症性腸疾患の予防又は治療剤
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a therapeutic agent which is for inflammatory bowel disease and exhibits superior prophylactic or therapeutic effects on inflammatory bowel disease by using iR-29a and/or miR-29b. The prophylactic or therapeutic agent for inflammatory bowel disease comprises composite particles in which miR-29a and/or miR-29b is/are carried on carbonate apatite particles, and said agent is administered systemically.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un agent thérapeutique qui est destiné à une maladie inflammatoire chronique de l’intestin et qui présente des effets prophylactiques ou thérapeutiques supérieurs vis-à-vis d’une maladie inflammatoire chronique de l’intestin par utilisation de miR-29a et/ou de miR-29b. L'agent prophylactique ou thérapeutique contre une maladie inflammatoire chronique de l’intestin comprend des particules composites dans lesquelles miR-29a et/ou miR-29b sont portés sur des particules de carbonate-apatite, et ledit agent est administré de manière systémique.
(JA)
本発明の目的はiR-29a及び/又はmiR-29bを利用し、炎症性腸疾患に対して優れた予防又は治療効果を示す、炎症性腸疾患の治療剤を提供することである。 miR-29a及び/又はmiR-29bを炭酸アパタイト粒子に担持させた複合粒子を含み、全身投与される、炎症性腸疾患の予防又は治療剤。
他の公開
EP2018791065
JP2019514552
国際事務局に記録されている最新の書誌情報