このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018199114) ディスクブレーキ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/199114 国際出願番号: PCT/JP2018/016677
国際公開日: 01.11.2018 国際出願日: 24.04.2018
IPC:
F16D 55/226 (2006.01) ,F16D 65/02 (2006.01) ,F16D 65/18 (2006.01) ,F16D 121/10 (2012.01) ,F16D 121/16 (2012.01) ,F16D 121/26 (2012.01) ,F16D 125/06 (2012.01) ,F16D 125/64 (2012.01) ,F16D 125/68 (2012.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
55
軸方向に加圧されるほぼ放射状のブレーキ面をもつブレーキ,例.ディスクブレーキ
02
軸方向に配設された回転部材に押し付けられる軸方向に可動なディスクまたはパッドをもつもの
22
2つの可動なブレーキ部材,例.可動なブレーキディスクまたはブレーキパッドの間で軸上に配設された回転するディスクを締め付けることによるもの
224
ブレーキ部材に協働する部材をもつもの
225
ブレーキ部材がブレーキパッドであるもの
226
そのなかで作動する部材が軸方向に動かされるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
02
ブレーキ部材;それの装備
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
14
ブレーキ用の作動機構;定められた位置で作用を起こすための手段
16
ブレーキ内またはブレーキ上に配置されたもの
18
部材を共に引き寄せることに適合されたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
121
ブレーキ作動源の種類
02
作動源が流体圧によるもの
08
膜型のアクチュエータに作用するもの,例.気体圧用
10
ネガティブ作動
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
121
ブレーキ作動源の種類
14
作動源が機械的なもの
16
ネガティブ作動
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
121
ブレーキ作動源の種類
18
作動源が電磁気力であるもの
24
電動機
26
ネガティブ作動
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
02
流体圧によるもの
06
ピストン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
58
直線運動同士の伝達
64
レバー
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
58
直線運動同士の伝達
68
てこに関連する機構,例.力の比率の変化を伴うトグル機構
出願人:
曙ブレーキ工業株式会社 AKEBONO BRAKE INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋小網町19番5号 19-5, Nihonbashi Koami-cho, Chuo-ku, Tokyo 1038534, JP
発明者:
前原 利史 MAEHARA Toshifumi; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-09073428.04.2017JP
発明の名称: (EN) DISC BRAKE DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE FREIN À DISQUE
(JA) ディスクブレーキ装置
要約:
(EN) Provided is a disc brake device (10) configured so that, when subjected to a pressing force from a disc spring (50), a piston (26) disposed within the cylinder (20) of a caliper body (12) presses a piston-side pad (38). At least a part of the disc spring (50) is contained in the caliper body (12). The disc brake device (10) has a cam mechanism (40) disposed to have a shaft which generates a pressing force in a direction different from the direction in which the piston (26) protrudes, and the cam mechanism (40) transmits the pressing force of the disc spring (50) to the piston (26).
(FR) L'invention concerne un dispositif de frein à disque (10) conçu de telle sorte que, lorsqu'il est soumis à une force de pression d'un ressort à disque (50), un piston (26) disposé à l'intérieur du cylindre (20) d'un corps d'étrier (12) presse une plaquette côté piston (38). Au moins une partie du ressort à disque (50) est contenue dans le corps d'étrier (12). Le dispositif de frein à disque (10) est pourvu d’un mécanisme de came (40) disposé de façon à avoir un arbre qui génère une force de pression dans une direction différente de la direction dans laquelle le piston (26) fait saillie, et le mécanisme de came (40) transmet la force de pression du ressort à disque (50) au piston (26).
(JA) キャリパボディ(12)のシリンダ(20)内に配置されたピストン(26)が、皿ばね(50)からの押圧力を受けることにより、ピストン側パッド(38)を押圧するディスクブレーキ装置(10)であって、皿ばね(50)は、少なくとも一部がキャリパボディ(12)に内包されると共に、ピストン(26)の突出方向と異なる方向に押圧力を生じさせる軸を持つように配置され、皿ばね(50)の押圧力をピストン(26)に伝達するカム機構(40)を備えている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)