このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018199032) 構造物へのFRP材の接着構造および接着方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/199032 国際出願番号: PCT/JP2018/016473
国際公開日: 01.11.2018 国際出願日: 23.04.2018
IPC:
E04G 23/02 (2006.01) ,B29C 65/48 (2006.01) ,B29C 70/12 (2006.01) ,B29C 70/18 (2006.01) ,B29C 70/44 (2006.01) ,C09J 7/21 (2018.01) ,C09J 201/00 (2006.01)
E 固定構造物
04
建築物
G
足場;型枠;せき板;建築用器具またはその他の建築用補助具,またはそれらの使用;現場における建築材料の取り扱い;現存する建築物の修復,解体またはその他の作業
23
現存する建築物への作業手段
02
修繕,例.クラックへの充てん;復原;改造;増築
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
65
予備成形品の接合;そのための装置
48
接着剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
12
短繊維を使ったもの,例.マット状の
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
16
相当な長さの,あるいは連続した長さの繊維を用いたもの
18
マットの形で,例.シートモールディングコンパウンド(SMC)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
28
そのための成形操作
40
圧縮による成形あるいは含浸
42
一定長の物品,つまり不連続物品,を製造するための
44
均等圧を用いての,例.圧力差による成形,真空バッグによる成形オートクレーブによる成形,膨張ゴムによる成形
[IPC code unknown for C09J 7/21]
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
出願人:
東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号 1-1, Nihonbashi-Muromachi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038666, JP
公立大学法人首都大学東京 TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿二丁目3番1号 3-1, Nishishinjuku 2-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1630926, JP
国立大学法人豊橋技術科学大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOYOHASHI UNIVERSITY OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1 1-1, Hibarigaoka, Tempaku-cho, Toyohashi-shi, Aichi 4418580, JP
発明者:
松井孝洋 MATSUI Takahiro; JP
越智寛 OCHI Yutaka; JP
中村一史 NAKAMURA Hitoshi; JP
松本幸大 MATSUMOTO Yukihiro; JP
代理人:
伴俊光 BAN Toshimitsu; JP
細田浩一 HOSODA Koichi; JP
優先権情報:
2017-08606625.04.2017JP
発明の名称: (EN) STRUCTURE-FRP MATERIAL BOND CONSTRUCTION AND BONDING METHOD
(FR) CONSTRUCTION DE LIAISON DE MATÉRIAU DE STRUCTURE FRP ET PROCÉDÉ DE LIAISON
(JA) 構造物へのFRP材の接着構造および接着方法
要約:
(EN) Provided are: a structure-FRP material bond construction, which is a structure for bonding FRP material to structures and is characterized by a bonding layer formed from a resin and a fiber substrate being interposed between the structure and the FRP material and the bonding layer protruding from the edge of the FRP material; and a bonding method. Repair or reinforcement of an existing structure can be made easily and reliably at a construction site with the required FRP material, and in particular, a sufficiently strong bonding force between the structure and the FRP material for repair or reinforcement can be manifested and an intended repair or reinforcement performance of the FRP material for the structure can be exhibited more reliably.
(FR) L'invention concerne: une construction de liaison de matériau de structure FRP, qui est une structure destinée à lier un matériau FRP à des structures et est caractérisée par une couche de liaison, formée à partir d'une résine et d'un substrat fibreux, et étant interposée entre la structure et le matériau FRP, et la couche de liaison faisant saillie à partir du bord du matériau FRP; et un procédé de liaison. La réparation ou le renforcement d'une structure existante peut être réalisé facilement et de manière fiable au niveau d'un site de construction avec le matériau FRP requis, et en particulier, une force de liaison suffisamment forte entre la structure et le matériau FRP pour la réparation ou le renforcement peut être manifestée et une performance de réparation ou de renforcement prévue du matériau FRP pour la structure peut être présentée de manière plus fiable.
(JA) 構造物に対するFRP材の接着構造であって、該構造物とFRP材との間に、繊維系基材と樹脂で形成された接着層が介在し、かつFRP材の縁端から接着層がはみ出ていることを特徴とする構造物へのFRP材の接着構造、および接着方法。既設の構造物に対して、施工現場で容易にかつ確実に必要なFRP材による補修、補強が可能になり、とくに、構造物と補修、補強用のFRP材との間に十分に高い接着力を発揮させ、構造物に、FRP材による目標とする補修、補強性能をより確実に発現させることが可能になる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)