国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018199031) 学習型信号分離方法、及び学習型信号分離装置

Pub. No.:    WO/2018/199031    International Application No.:    PCT/JP2018/016472
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Tue Apr 24 01:59:59 CEST 2018
IPC: G06N 99/00
A61B 5/0452
Applicants: NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
日本電信電話株式会社
Inventors: KURASAWA Hisashi
倉沢 央
OGASAWARA Takayuki
小笠原 隆行
YAMAGUCHI Masumi
山口 真澄
TSUKADA Shingo
塚田 信吾
NAKASHIMA Hiroshi
中島 寛
HATA Takahiro
秦 崇洋
MATSUURA Nobuhiko
松浦 伸彦
Title: 学習型信号分離方法、及び学習型信号分離装置
Abstract:
共通の特徴を含んだ訓練用の信号であって、特定の成分を含む前記訓練用の信号と前記特定の成分を含まない前記訓練用の信号とに基づいて学習処理を行うモデル構築部を用いて行う学習型信号分離方法であって、前記訓練用の信号に前記特定の成分が含まれているか否かを示す情報と、前記訓練用の信号とに基づいて、前記訓練用の信号のデータ列から前記特定の成分を分離して除去したデータ列の信号を生成する学習処理を前記モデル構築部に行わせて学習済みデータを生成し、前記共通の特徴を含んだ任意の信号を取得し、取得した前記任意の信号と、生成した前記学習済みデータとに基づいて、前記任意の信号のデータ列から前記特定の成分を分離して除去したデータ列の信号を生成する学習型信号分離方法。