国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018198972) 組成物及びそれを用いた発光素子

Pub. No.:    WO/2018/198972    International Application No.:    PCT/JP2018/016307
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat Apr 21 01:59:59 CEST 2018
IPC: H05B 33/14
C09K 11/06
H01L 51/50
C07D 209/86
C07D 333/76
C07F 15/00
Applicants: SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED
住友化学株式会社
Inventors: USUI, Motoaki
臼井 元章
SASADA, Toshiaki
佐々田 敏明
Title: 組成物及びそれを用いた発光素子
Abstract:
輝度寿命に優れる発光素子の製造に有用な組成物を提供する。 式(C-1)で表される化合物と、式(1)で表される金属錯体と、式(2)で表される金属錯体とを含有する、組成物。式(C-1)[環R1C~環R4Cは芳香族炭化水素環等を、RCは炭素原子等を表す。]式(1)[M1はイリジウム原子等を、n1及びn2は整数を、環R1Aはジアゾール環を、環R2は芳香族炭化水素環等を、E1、E2及びE11A~E13Aは窒素原子又は炭素原子を、R11A~R13Aは水素原子、アルキル基、アリール基等を、A1-G1-A2はアニオン性の2座配位子を表す。]式(2)[M2はイリジウム原子等を、n3及びn4は整数を、ELは炭素原子等を、環L1は6員の芳香族複素環を、環L2は芳香族炭化水素環等を、A3-G2-A4はアニオン性の2座配位子を表す。環L1及び環L2の少なくとも1つは式(1-T)で表される基を有する。]式(1-T)[R1Tは、アルキル基、アリール基等を表す。]